特定疾病療養受領証

ページ番号1001267  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

特定疾病療養受領証を提示するとことにより、当該疾病にかかる療養について、同一月・同一医療機関に支払う一部負担金の月額上限が、外来・入院ごとに10,000円に減額されます。
※ただし、70歳未満の上位所得者(世帯内の被保険者の基礎控除後の所得合計が600万円以上)の月額上限は、20,000円となります。

対象者

下記のいずれかに該当する方には、特定疾病療養受領証を発行できます。

  1. 人工腎臓(人工透析)を実施している慢性腎不全
  2. 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障害又は先天性血液凝固第9因子障害(いわゆる血友病)
  3. 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群

申請に必要なもの

  1. 国民健康保険被保険者証
  2. 国保険被保険者証以外の本人確認ができるもの(運転免許証、介護保険被保険者証など)
  3. 世帯主及び対象者の個人番号【マイナンバー】を確認できるもの(通知カードなど)
  4. 医師の意見欄に記載のある特定疾病認定申請書(または医師の意見書)
  5. 印かん

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部医療保険課医療費給付係
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7736
医療保険課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク