令和2年度市民税・県民税の申告受付について

ページ番号1004926  更新日 令和2年1月7日

印刷大きな文字で印刷

令和2年1月1日現在で蕨市内に居住の方は、2月17日(月曜日)から3月16日(月曜日)の間に、市民税・県民税の申告をお願いします。

市民税・県民税の申告をしなくてもよい方

1. 確定申告を税務署に提出する方(令和元年分)
2. 収入が給与のみで、勤務先から蕨市へ「給与支払報告書」が提出されている方
 ※提出の有無は勤務先にご確認ください。
3. 収入が公的年金等のみで、公的年金支払者から蕨市へ「公的年金等支払報告書」が提出されていて、かつ「公的年金等の源泉徴収票」に記載されている社会保険料や扶養親族などに追加・変更がなく各種控除(医療費・生命保険料など)を受けない方
4. 蕨市に居住している方の扶養親族や同一生計配偶者の方。ただし、下記の方は申告が必要になります。
 ・収入がある場合で上記1~3に該当しない方
 ・所得金額が記載された非課税証明書が必要な方
 ・国民健康保険、後期高齢者医療制度、介護保険加入者

申告に必要なもの

 1.令和2年度分市民税・県民税申告書
 ※申告書がお手元になく、郵送での申告を希望しない方は、直接会場にお越しください。
 2.印鑑(認印可)
 3.マイナンバー(個人番号)及び身元確認ができる書類
 代理申告の場合は委任状(原本)、代理人の身元確認ができる書類、本人のマイナンバーが確認できる書類
 4.2019年中の収入および所得を証明できる書類(収入がない場合は不要)
 給与所得者 : 給与所得の源泉徴収票、給与明細など(特定支出控除のある方は所定の明細書及び支出の証明書)
 年金受給者 : 公的年金等の源泉徴収票
 事業所得者、不動産所得者 : 収支内訳書、収入・必要経費の分かる帳簿・領収書など
 配当所得者、株式譲渡所得者 : 年間取引報告書など(課税方法選択のために申告書を提出される場合も必要です。)

以下は控除の適用を受ける場合のみ(2019年中のもの)
 5.社会保険料(国民年金など)・生命保険料・地震保険料などの控除証明書、寄附金の領収書
 ※蕨市納付分(国民健康保険税など)及び年末調整の際に勤務先に提出している書類は不要
 6.控除の対象となる証明
 ・障害者手帳・障害者控除対象者認定書・学生証
 ・国外扶養親族の「親族関係書類」及び「送金関係書類」 など
 7.医療費控除の適用を受ける方は「医療費控除の明細書」(医療機関で発行する診療明細書ではありません)
 ※セルフメディケーション税制による医療費控除の特例の適用を受ける方は、
 「セルフメディケーション税制の明細書」及び「一定の取組を行ったことを明らかにする書類」
 (例)各種予防接種の領収書又は予防接種済証、各種健康診断の領収書又は結果通知表など
 ※医療費控除とセルフメディケーション税制はどちらか一方しか利用できません。

 8.配偶者の所得が確認できるもの(配偶者特別控除を受ける方)
 ・源泉徴収票など

 ※ 源泉徴収票や控除証明書を紛失された方は、勤務先や年金保険者、生命保険会社などに再発行を依頼してください。

市民税・県民税の申告受付会場について

開設期間(土・日曜日を除く) 会場 受付時間
2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)
※2月24日(月曜日・振休)と3月1日(日曜日)は開設
蕨自治会館
(中央5-13-2)
※市役所での受付はできません。
午前9時~午後4時

 ※ お車でのご来場及び会場へのお問い合わせは、ご遠慮下さい。
 ※ 会場は大変混雑し、長時間お待ちいただく状況となっております。 待ち時間のない郵送での申告にご協力ください。

自治会館案内図
・蕨駅より徒歩約15分
・蕨市役所より徒歩約3分

期限前の申告受付について

関東信越税理士会西川口支部の税理士による簡易な内容の所得税の還付申告及び
市職員による市民税・県民税申告の作成会場を、申告期間前に以下の日程で開設します。
 

開設期間 会場 受付時間
2月5日(水曜日)・6日(木曜日) 東公民館 午前の部:午前9時00分~11時00分
午後の部:午後1時30分~3時30分
2月7日(金曜日) 南公民館


※ただし、以下の内容は受付できません。
 住宅借入金等特別控除が初年度の方、年金や給与以外に所得がある方(収支内訳書の作成を含む申告など)、
 令和元年分以外の申告、準確定申告、所得税・市民税県民税以外の申告(消費税・贈与税など)
※各会場へのお車でのご来場およびお問い合わせはご遠慮ください。
※郵送での市民税・県民税申告書の提出については、各開設期間に関わらず3月16日(月曜日)まで受け付けております。
 詳しくは、次の項目をご覧ください。

市民税・県民税の郵送申告について

 1.「令和2年度市民税・県民税申告の手引き」を参考に、申告書の記入をお願いします。必ずマイナンバーの記入をお願いします。また上記「申告に必要なもの」の3の写しを必ず同封してください。(委任状は原本)
 2.2019年中に収入のあった方は、収入及び所得を証明できる書類を必ず添付してください。(写し可)
 3.源泉徴収票に記載のない各種控除を受ける方は、該当する上記「申告に必要なもの」の5~8の書類(5と7は原本、及び6の国外扶養親族の親族関係書類のうちパスポート以外は原本、それ以外は写し可)を同封してください。確認できない場合は、各種控除を受けることができません。
 4.受付票や添付資料の返却を希望される方は、切手を貼付した返信用封筒と返送を希望する書類名を記載したメモを同封してください。切手貼付の返信用封筒が同封されていない場合、受付表などの返送はできません。

 ※申告会場の混雑緩和のため、郵送での提出に御協力ください。
 ※所得税の確定申告書は市役所には郵送できません。
 ※市民税・県民税の申告書がお手元にない場合(1月31日に必要と思われる方に送付を予定)は、下記より印刷してください。

所得税の確定申告などの国税についてのご案内

蕨市の管轄税務署は西川口税務署です。
国税の申告等に関する情報については、次のリンク先をご覧ください。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課市民税係
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7707
税務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク