新型コロナウイルス感染症に関する蕨市長メッセージ

ページ番号1005597  更新日 令和2年6月1日

印刷大きな文字で印刷

最新の市長メッセージ(6月1日)

蕨市議会6月定例会 市長報告について

 本日、蕨市議会6月定例会が開会し、市長として、新型コロナウイルス感染症への対応など4点にわたり、市長報告を行いました。市長報告の全文は、市ホームページに掲載しておりますので、ご覧下さい。

令和2年6月1日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:議会で市長報告をする蕨市長

これまでの市長メッセージ

緊急事態宣言解除後の蕨市の対応等について(市長メッセージ動画を公開)

 緊急事態宣言の解除を受けて、イベントや公共施設の利用再開をはじめ、今後の蕨市の対応等について、市長メッセージ動画を公開しましたので、御覧ください。

令和2年5月29日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:緊急事態宣言解除後の蕨市の対応等について話す市長

特別定額給付金の申請書発送について

 本日、特別定額給付金の申請書を全世帯に向けて発送しました。申請書に必要事項を記入し、裏面に必要書類を添付のうえ、同封の返信用封筒でご返送いただければと思います。なお、ご不明な点がある場合は、お電話(0570-093-111)でお問い合わせ下さい。また、郵送申請した方への給付については、6月11日から開始する予定です。今後とも、少しでも早く給付できるよう、全力で取り組んでまいります。

令和2年5月29日
 蕨市長 賴髙 英雄

shinseisyo

shinseisyo


蕨戸田歯科医師会にマスクを提供

 本日、蕨戸田歯科医師会に、サージカルマスク2000枚を提供いたしました。このマスクは、この間、市民の皆さんからご寄附いただいたものです。
 蕨戸田歯科医師会には、すでに、4月にマスク5000枚を提供していますが、歯科医師の皆さんをはじめ、医療に携わる方は、どうしても患者さんとの接触が避けられないことから、感染予防にマスクは必需品となっています。山岡会長からは、「新型コロナの影響が長期化する中、マスクの提供はとても助かります」との言葉が寄せられました。また、感染症対策にとっても、口腔衛生環境が大切であることなどのお話もお伺いしました。歯科医師会の先生方には、市民の健康を守るため、引き続きのお力添えをよろしくお願いいたします。

令和2年5月29日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:歯科医師会にマスクを寄贈している様子


市民の方からマスクのご寄附をいただきました

 本日、株式会社元慶さんからサージカルマスク2000枚、ハンドジェル24本、アルコール除菌スプレー20本のご寄付をいただきました。元慶さんは、貿易業を営んでおり、市内に会社を置いて5年目を迎えるそうです。今日は、ご夫婦と小学生のお子さんの3人で市役所に来てくれましたが、「お世話になった蕨への感謝の思いで寄附しました」との言葉に、市長として大変うれしく思いました。いただいたマスクや衛生用品は、有効に活用させていただきたいと思います。

令和2年5月29日
 蕨市長 賴髙 英雄

mask


「機まつり」などイベントの中止について

 緊急事態宣言の解除を受け、市主催のイベントについては、6月から段階的に再開することとしていますが、感染が再び増加する懸念も指摘されていることから、100人規模を超えるイベントについては、8月末まで中止とする方針としています。
 今夏に開催を予定していた「わらび機まつり」や「わらてつまつり」、「サマーinあさがお・ほおずき市」については、各実行委員会等において検討した結果、多数の人が来場し、密着する状況が避けられないことなどから、来場者及び関係者の健康・安全面を考慮し、開催を中止することとなりました。大変残念ではありますが、これも新たな感染拡大を防ぐためでありますので、ご理解をいただきますようお願いします。ぜひ、来年こそは、皆さんとともに盛り上げたいと思います。

令和2年5月29日
 蕨市長 賴髙 英雄

蕨商工会議所にマスクを提供

 本日、蕨商工会議所にサージカルマスク3000枚を提供いたしました。このマスクは、この間、市民の皆さんからご寄付いただいたものです。牛窪会頭からは、「マスク不足が続く中、飲食店をはじめ、市内事業所にとって、とても助かります」との言葉が寄せられました。
 緊急事態宣言が解除されましたが、市内事業所の皆さんは、引き続き大変厳しい状況にあります。特に、飲食店の皆さんは、「新しい生活様式」と言われる中で、いろいろな対応が必要となっており、マスクは必需品です。ぜひ、飲食店の皆さんをはじめ、各事業所において有効に活用していただければと思います。

令和2年5月28日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:蕨商工会議所にマスクを寄贈する市長


ライオンズクラブからマスクのご寄附をいただきました

 本日、埼玉県のライオンズクラブ(国際協会330C地区)と蕨ライオンズクラブの皆さんからサージカルマスク1000枚のご寄附をいただきました。ライオンズクラブは世界最大の奉仕団体として、献血推進活動や駅前清掃のほか、これまでも、市に対して様々なご寄付をいただくなど、蕨の発展に大変ご協力いただいています。今回も、蕨市立病院のために役立ててほしいと、マスクを届けてくださいました。市長として、心から感謝を申し上げます。

令和2年5月27日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:マスクを寄贈される市長


緊急事態宣言解除にあたっての市の対応について

 昨日、緊急事態宣言が解除されました。市民の皆さん、市内事業所の皆さんには、この間、不要不急の外出自粛や営業自粛をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてご協力をいただき、ありがとうございました。
 緊急事態宣言が解除されたことを受け、本日、蕨市新型コロナ対策本部を開催し、蕨市としての対応方針を決定しました。
 まず、市主催のイベントや公共施設の利用については、感染防止対策を講じたうえで、6月から順次、開催及び利用を開始してまいります。ただし、当面の間は、人数などに一定の制約を設けるなど段階的な再開といたします。
 小中学校については、6月1日から再開いたしますが、分散登校を行った後に15日より通常授業を再開します。また、保育園については、6月中を目安に、学童保育室については、学校の分散登校期間中は、引き続き、利用自粛要請を継続しつつ、開設してまいります。
 緊急事態宣言は解除されたとはいえ、第2波、第3波の懸念も指摘されています。これからは、感染を抑えながら、徐々に、社会経済活動を取り戻していく取り組みとなります。そのためには、日常生活の中で、マスクの着用や手洗い、「3つの密」の回避、人と接する際の社会的距離の確保など、「新しい生活様式」を踏まえた取り組みが大切です。
 新型コロナウイルス感染症は、市民生活や市内事業所の営業などに大きな影響を及ぼしています。蕨市では、苦境にある事業所の皆さんへの応援金や、ひとり親家庭、妊娠中の方への生活支援、児童生徒への学習支援、地元医療機関への感染防護用品の提供、水道基本料金2か月分の無料化など、様々な対策に取り組んでいますが、私は、これからも、市民の皆さんの健康と暮らし、市内事業所の営業を守り抜くために、市長として、全力を尽くしてまいります。市民の皆さん、コロナの時代と言われますが、1日も早く、豊かな日常を取り戻すため、ともに、この困難を乗り越えてまいりましょう。

令和2年5月26日
 蕨市長 賴髙 英雄

特別定額給付金の申請書は5月29日発送、給付は6月11日開始へ

 1人10万円を給付する特別定額給付金については、5月1日からオンライン申請を受付けるとともに、生活困窮などにより、少しでも早く必要としている方には、ダウンロードによる申請受付を行い、5月20日から給付を開始しております。
 そして、各ご家庭への申請書の郵送については、5月29日に、全世帯を対象に一斉に送付できることとなりました。郵送により申請した方への給付については、6月11日から開始できる予定です。
 今後とも、市民の皆さんに少しでも早く給付できるよう、全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

令和2年5月26日
 蕨市長 賴髙 英雄

蕨市新型コロナ緊急対策 第2弾を発表しました(動画を公開)

 本日、記者会見を行い、「蕨市新型コロナ緊急対策 第2弾」を発表しました。第2弾では3つの取り組みを行いますが、第1は、緊急生活・経済対策として、市内全てのご家庭と事業所の水道料金について、基本料金2か月分を無料化します。
 第2は、今後の小中学校におけるオンライン学習などを見据えて、児童生徒のパソコン整備を前倒しし、今年度、全ての児童生徒の約8割に相当する約3500台を整備します。
 第3は、感染予防対策として、今後のイベントなどの開催で、参加者の発熱状況を測定できるサーマルカメラと非接触型体温計を購入し、体温計については各避難所にも配備します。
 新型コロナウイルスの影響は、引き続き大きなものがありますが、これからも市民の皆さんの健康と暮らし、市内事業所の営業と暮らしを守るため、全力で取り組んでまいります。
 なお、緊急対策第2弾の資料(蕨市緊急コロナ対策の全文)とメッセージ動画を公開しましたので、ご覧ください。

令和2年5月21日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:新型コロナ緊急対策第2弾について説明する蕨市長の様子

市内事業者からマスクのご寄附をいただきました

 本日、市内企業である株式会社東京すずらんさんからサージカルマスク2000枚のご寄附をいただきました。東京すずらんは、おしぼりのレンタルなどを行っている会社で、日ごろから、地域の活性化のためにご尽力いただいていますが、今回、地元蕨への貢献として、マスクをご寄附いただきました。市長として、心から感謝申し上げます。いただいたマスクは、有効に活用させていただきたいと思います。

令和2年5月19日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:マスクを寄附される市長


市内清掃事業者にマスクを提供

 本日、市内のゴミ収集などを担う清掃事業者(クリーンシティ、蕨環境整備センター、蕨環境公栄社)の皆さんに、サージカルマスク4000枚を提供いたしました。このマスクは、先日、市民の皆さんからご寄附いただいたものです。清掃事業者の皆さんは、不要不急の外出自粛により、生活ごみが増えているなか、感染リスクと隣り合わせの現場で、日々、奮闘してくれています。皆さんを代表してクリーンシティの小林代表からは「感染拡大防止と従事者の安全に使わせていただき、引き続き、市民生活のために尽力したい」との言葉が寄せられました。これからも、市民生活を支えるため、よろしくお願いいたします。

令和2年5月18日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:市内清掃事業者にマスクを提供


市内清掃事業者や介護事業所、小中学校にマスクを提供

 先日、2組の市民の方と、とだわらび青年会議所の皆さんからご寄附いただいた12000枚のサージカルマスクについて、本日、提供いたしました市内清掃事業者(4000枚)に加え、介護事業所(4000枚)と小中学校(4000枚)にも提供することとしました。これらの現場に従事される方や児童生徒の健康と安全を守るためには、マスクは欠かすことができません。改めて、ご寄附いただきました皆さんに、市長として、感謝申し上げます。

令和2年5月18日
 蕨市長 賴髙 英雄

蕨戸田公衆電話会から寄附金をいただきました

 本日、蕨戸田公衆電話会の皆さんから、蕨市の新型コロナ対策に役立ててほしいと、20万円のご寄附をいただきました。蕨戸田公衆電話会は、日頃から、駅前にある公衆電話の美化活動に取り組むなど、蕨のまちづくりにご貢献いただいています。市長として心から感謝申し上げるとともに、いただいたご寄附は、新型コロナ対策のため、大切に使わせていただきたいと思います。

令和2年5月18日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:寄附金を受け取る市長


市内事業者からマスクのご寄附をいただきました

 本日、株式会社エクシードさんとP&B株式会社さんからサージカルマスク5000枚のご寄附をいただきました。両法人とも、同じ方が社長をつとめていて、貿易などを営んでおり、エクシードさんは市内に会社を置いてから約3年となるそうです(P&Bさんは川口市の法人)。社長の方の「ぜひ、蕨のために役立ててほしい」という言葉に、市長として大変うれしく思いました。いただいたマスクは、有効に活用させていただきたいと思います。

令和2年5月18日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:市内事業者からマスクを寄贈いただきました


5月20日に特別定額給付金の1回目の支給を行います

 蕨市では、1人10万円を給付する特別定額給付金の取り組みを急ピッチで進めていますが、5月20日に、第1回目の支給を行えることになりました。対象は、5月1日にオンライン申請を行った方、ダウンロード版で5月11日に申請書が到着した方で、書類の不備等がなかった場合です。支給総額は、207件で3840万円です。今後とも、なるべく早く支給できるよう、全庁あげて取り組んでまいります。

令和2年5月16日
 蕨市長 賴髙 英雄

5月19日に小規模企業者応援金の1回目の支給を行います

 蕨市では、厳しい状況にある市内の小規模企業者を支援するため、家賃補助を含め最大で15万円を支給する小規模企業者応援金の取り組みを進めています。この問題は、何よりも、スピード感が重要と考え、作業を進めてまいりましたが、5月19日に第1回目の支給を行えることになりました。対象は、11日までに申請をいただき、書類の不備等がなかった方で、支給総額は120件で1332万4607円となります。今後とも、必要とする小規模企業者の皆さんのお手元に、少しでも早く届けられるよう取り組んでまいります。

令和2年5月16日
 蕨市長 賴髙 英雄

とだわらび青年会議所からマスクのご寄付をいただきました

 本日、とだわらび青年会議所(JC)の皆さんから、マスク1000枚のご寄付をいただきました。マスク不足が続く中、大変助かります。柴田理事長からは、いまJCで取り組んでいる「とだわらびを守るための18の目標」の活動や「ニコニコマスクプロジェクト」の活動についても、ご説明いただきました。新型コロナウイルス感染拡大の大変な状況の中、若い皆さんが、創意工夫を凝らして、いろいろな活動にチャレンジすることは大変素晴らしいことです。今回のご寄付に対し、市長として、改めて感謝申し上げるとともに、いただいたマスクは有効に活用させていただきたいと思います。

令和2年5月15日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:とだわらび青年会議所からマスクの寄附を市長が受け取る様子


市民の方からマスクのご寄付をいただきました

 本日、塚越で会社を経営されている市民の方からサージカルマスク3000枚をご寄付いただきました。中国出身の方で、貿易の会社を経営されていて、蕨市内に会社を置いてから約1年だそうです。今日は、従業員の方と2名でお越しいただき、「蕨のために何かできないかと考え、寄付しました」との言葉に、大変うれしく思いました。市長として、心から感謝申し上げるとともに、いただいたマスクは、有効に使わせていただきたいと思います。

令和2年5月15日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:市民の方からマスクの寄附を市長が受け取る様子


図書館サービスの一部再開について

 本日、5月15日から、図書館の予約サービス(予約の受付や予約資料の受け渡しなど)を再開しました。利用できるのは蕨市民で、実施施設は図書館本館のみとなります。新型コロナウイルス感染防止のため、「予約本の受け取りの際には1家族につき1名での来館」、「来館時のマスクの着用」、「利用者同士で間隔をあけていただく」、など市民の皆さんのご協力をお願いします。なお、詳細については、市ホームページをご確認ください。

令和2年5月15日
 蕨市長 賴髙 英雄

特別定額給付金や蕨市新型コロナ緊急対策の取り組み状況について(市長メッセージ動画を公開)

 特別定額給付金や蕨市新型コロナ緊急対策の取り組み状況などについて、市長メッセージ動画を公開しましたので、御覧ください。

令和2年5月14日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:メッセージを伝える市長

全ての児童生徒にワークブックを配布

 蕨市新型コロナ緊急対策の学習支援事業として、市立小中学校の全ての児童生徒に教科書に準拠したワークブック(小学校は国語、算数、中学校は国語、数学)を配布することとなりました。今週11日(月曜日)より、保護者の皆さんに各学校に取りに来ていただいています。休校期間が長期化し、また、オンライン授業の環境が、まだ十分に整わない中、ぜひ、各家庭での学習に役立てていただければと思います。

令和2年5月13日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:ワークブックを受け取る保護者の様子

写真:児童生徒に配布されたワークブック


市民の方からマスクのご寄附をいただきました

 本日、南町にお住まいの市民の方からサージカルマスク8000枚を寄附していただきました。中国出身で、蕨市には11年お住まいだそうですが、「蕨が大好きで、市民のために何かできればと思い、寄附しました」との言葉に、大変うれしく思いました。市長として、心から感謝申し上げるとともに、いただいたマスクは、有効に使わせていただきたいと思います。

令和2年5月13日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:市民の方からマスクを寄贈いただきました


介護事業所などにマスクを提供

 先日、市民の方から寄付していただいた11000枚のサージカルマスクを、市内の介護事業所(6200枚)と障がい者施設(1600枚)、保育施設(3200枚)に提供いたしました。これらの施設では、マスクの使用が不可欠であり、マスク不足が続く中、大変助かります、とのことでした。改めて、ご寄付いただきました市民の皆さんに、市長として、感謝申し上げます。

令和2年5月13日
 蕨市長 賴髙 英雄

ダウンロード版による特別定額給付金の申請について

 1人10万円を支給する特別定額給付金については、現在、急ピッチで作業を進めていますが、各ご家庭への申請書の送付は5月末頃となる見込となっています。また、マイナンバーカードをお持ちの方には、5月1日より、オンライン申請を受け付けています。
 こうした中、新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより生活が困窮し、より早く定額給付金を必要としている方で、オンライン申請ができない方を対象に、市ホームページから申請書をダウンロードすることにより、より早く申請が行えるような措置を講じることとしました。ただし、あくまで郵送またはオンラインによる申請が基本となるため、ダウンロード版による申請の期間は、事務手続き上、5月15日(金曜日)必着とさせていただきます(申請書のダウンロード期限は13日まで)。申請書の間違いや添付書類の不備などがありますと、結果として、支給が遅くなってしまいますので、詳細については、下記リンク先をご確認ください。
 今後とも、市民の皆さんに、特別定額給付金を少しでも早くお届けできるよう、全力で取り組んでまいりますので、ご理解いただければと思います。

令和2年5月8日
 蕨市長 賴髙 英雄

市民の方からマスクのご寄附をいただきました

 今月1日には塚越にお住まいの市民の方からサージカルマスク1000枚、8日には南町にお住いの市民の方からサージカルマスク10000枚のご寄附をいただきました。いずれも中国出身の方ですが、マスク不足で困っている蕨市のために役立ててほしいとの思いで中国からマスクを確保されたそうで、大変うれしく思いました。
 ご寄附いただいた方々に、市長として心より感謝を申し上げます。

令和2年5月8日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:5月1日のマスク寄附の様子

写真:5月8日のマスク寄附の様子


蕨戸田市医師会に感染防護用品を提供

 医療機関におけるマスクなどの感染防護用品の不足が深刻な問題となっているなか、蕨市では、本日、新型コロナ緊急医療対策の一環として、蕨戸田市医師会に対し、サージカルマスク32000枚、防護服、ゴーグル各350個、手袋200双を提供いたしました。蕨戸田市医師会では、4月20日から、県内でもいち早く、接触者外来を設置し、PCR検査を実施するなど、市民の命と健康を守るため奮闘してくれています。金子会長からは、「防護服などの防護用品は、接触者外来を行う上で、とても助かります」との言葉が寄せられました。市では、これからも、市民の皆さんの健康と安全を守るため、医師会をはじめ関係機関と連携して、新型コロナ対策を進めてまいります。

令和2年5月7日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:蕨戸田市医師会に感染防護用品を提供する様子


緊急事態宣言の延長に伴う蕨市の対応について

 市民の皆さん、市内事業所の皆さんには、不要不急の外出自粛や営業自粛をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてご協力をいただき、ありがとうございます。政府により、緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、蕨市としての対応方針を決定しました。
 主な内容としては、市民の皆さんに、引き続き、不要不急の外出自粛をお願いするとともに、イベントの中止や公共施設の利用中止、小中学校の臨時休校と児童の預かり、保育園・学童保育の規模を縮小しての開設、市庁舎の業務縮小などの措置を5月31日まで延長いたします。また、10万円の特別定額給付金の支給など国の緊急経済対策を迅速に実施するとともに、蕨市新型コロナ緊急対策に基づき、小規模企業者応援金やひとり親家庭臨時給付金、マタニティパス交付事業など、蕨市独自の支援策を進め、市民の皆さんの健康と暮らし、市内事業所の営業を守るため、全力をあげてまいります。
 市民の皆さん、事業所の皆さんには、引き続き、ご負担をおかけしますが、感染拡大を防止し、社会経済活動を早期に回復させる上で重要な取り組みとなりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。 

令和2年5月5日
 蕨市長 賴髙 英雄

「蕨市新型コロナ緊急対策」を含む全ての議案が可決され臨時議会が閉会

 本日、臨時議会が開催され、特別定額給付金(1人10万円の国の緊急経済対策)や蕨市独自の新型コロナ緊急対策などの補正予算を含む、市長として提出した全ての議案が原案の通り可決されました。市議会をはじめ、関係者の皆さんのご尽力に感謝いたします。
 今後、市民の皆さんや事業所の皆さんへの各種支援事業を速やかに実施してまいります。各種支援事業の詳細につきましては、市のホームページで取りまとめご案内しておりますので、ご確認いただきたいと思います。

令和2年5月1日
 蕨市長 賴髙 英雄

蕨市新型コロナ緊急対策を発表しました(動画を公開)

 本日、臨時の記者会見を行い、蕨市新型コロナ緊急対策を発表しました。
 対策の柱は3つで、主な内容は、第1の緊急経済対策では、苦境に立たされている市内小規模企業に対して、家賃補助を含めて最大15万円を支給する「蕨市小規模企業者応援金」を創設します。
 第2の緊急生活支援対策では、ひとり親家庭に対し3万円の臨時給付金を支給するとともに、妊娠中の方に対し、タクシーなどで使える1万円の交通系ICカードを支給するマタニティパス事業を実施します。また、児童生徒の学習支援のため、全ての児童生徒にワークブックを配布します。
 第3の緊急医療対策では、防護服など感染防護用品を配備し、市内医療機関などへ支援できる体制を整備するとともに、市立病院の医療体制の強化をはかります。新型コロナウイルス感染症の影響は大変深刻な状況にありますが、市民に最も身近な存在である蕨市として、市民の皆さんの健康と暮らし、市内事業所の営業を守りぬくため、日本一小さな蕨ならではのスピード感で、取り組んでまいります。
 なお、記者会見の資料(蕨市緊急コロナ対策の全文)と動画を公開しましたので、ご覧ください。 

令和2年4月28日
 蕨市長 賴髙 英雄

市立小・中学校の臨時休校期間の延長について

 依然として新型コロナウイルス感染拡大が続く中、蕨市では、教育委員会と協議した結果、埼玉県の決定及び要請を踏まえ、5月6日(水曜日)までとしていた市立小・中学校の臨時休校を5月31日(日曜日)まで延長することとしました。休校中の児童の預かり及び校庭開放は引き続き行うとともに、留守家庭児童指導室は規模を縮小して開設いたします。入学式等については、今後、検討してまいります。
 長期の休校となり、保護者並びに児童・生徒の皆さんにとっては、ご心配とご負担をおかけしますが、子どもたちをはじめ市民の皆さんの健康と安全のための対応でありますので、ご理解いただければと思います。

令和2年4月28日
 蕨市長 賴髙 英雄

新型コロナウイルス感染症関連の蕨市の取り組みについて(メッセージ動画を公開)

 緊急事態宣言から3週間、新型コロナウイルス感染症に関連した蕨市の取り組みについてのメッセージを動画で公開しましたので、御覧ください。 

令和2年4月24日
 蕨市長 賴髙 英雄

新型コロナウイルス感染症の感染者確認について(2例目)

 本日、市内在住者で2例目となる新型コロナウイルスの感染が確認されました。埼玉県からの情報によりますと、20代の女性で、詳細な行動履歴や濃厚接触者などについては、調査中とのことです。
 市民の皆さんにおかれましては、今後も、不要不急の外出自粛や手洗い、咳エチケットなど、感染防止に向けてご理解とご協力をお願いいたします。
 なお、今後も感染確認の情報につきましては、市ホームページでご覧いただけるよう、随時、更新してまいります。 

令和2年4月23日
 蕨市長 賴髙 英雄

市立病院の産科業務及び新規外来・救急患者の受け入れ再開について

 市立病院については、産科病棟スタッフや退院患者など関係者全員のPCR検査を実施し、17日に全員の陰性を確認することができたことから、改めて、院内の消毒を行うとともに、全職員の健康状態の観察を行うなど、再開に向けた取り組みを進めてきました。
 この度、その準備が整ったことから、明日22日(水曜日)から、停止していた産科業務及び新規外来・救急患者の受け入れを再開することといたしました。再開にあたっては、病院入口で来院者の体温チェックを行うなど、いっそうの感染防止対策を講じることとしています。
 今後とも、地域の中核病院として、地域医療を守るため、病院職員が一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月21日
 蕨市長 賴髙 英雄

市立病院における新型コロナウィルス感染に伴うPCR検査の結果について

 市立病院での新型コロナウィルス感染が判明して以降、感染拡大防止のため、産科病棟スタッフや退院患者など、関係者のPCR検査を実施してきましたが、本日、検査した63件すべてが陰性であったことが確認されました。
 現在、感染拡大防止のため、産科業務や新規外来患者及び救急患者の受け入れを停止させていただいていますが、引き続き、感染拡大の防止に取り組むとともに、早期にこれらの業務を再開できるよう、取り組んでいるところです。市民の皆さんには、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月17日
 蕨市長 賴髙 英雄

新型コロナウイルス感染症患者の受入体制の整備について県知事に要請

 本日、大野埼玉県知事に対し、さいたま市の清水市長をはじめ19市長の連名で、新型コロナウイルス感染症患者の埼玉県内における受入体制の整備に関する要請を行いました。埼玉県では、感染者が大幅に増加する中で、受入れ病床の不足が大きな課題となっており、感染者の多くが自宅での待機を余儀なくされています。医療崩壊を回避するためにも、感染者の受け入れ体制の整備は急務となっています。
 大野知事からは、この間の受け入れ体制整備の取り組みについて報告され、「国、県、市町村と連携して、収束に向けて頑張りたい」との発言がありました。蕨市では、引き続き、県や関係機関等と連携して、感染拡大の防止と市民の皆さんの健康と安全を守るため、全力をあげていきたいと思います。

令和2年4月17日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真:県知事へ要請する様子

写真:県知事へ要請する様子


市立病院退院患者の新型コロナウイルス感染について

 市立病院産科病棟の医療従事者2名が新型コロナウイルスに感染したことが判明して以来、当該病棟スタッフや入院されていた患者様等へのPCR検査を実施してきましたが、本日、当産科を退院した患者様2名(母子)の感染が確認されました。お母様、お子様ともに症状は安定しておりますが、保健所と協議した結果、速やかに入院した上で経過観察を行う予定となっています。患者様及びご家族の皆様には、改めて、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈りいたします。
 市立病院では、感染が判明して以来、施設の消毒や関係者の自宅待機、産科病棟の閉鎖や入院患者の転・退院など、感染拡大防止に取り組んできましたが、今回の感染確認を受けて、4月21日までの1週間、全ての新規外来患者及び救急患者の受け入れを停止させていただくこととしました。
 市民の皆さんには、何かとご心配やご不便をおかけしますが、今後とも、保健所との連携の下、感染拡大の防止に全力をあげるとともに、地域の中核病院として、地域医療を守るため、病院職員が一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月14日
 蕨市長 賴髙 英雄

市役所窓口に感染防止のシート設置

 新型コロナウィルス感染防止のため、市役所では、10日から、窓口カウンターに感染防止のためのシートを設置させていただいています。市民の皆さんには、ご不便に感じられる方もいると思いますが、感染防止のための措置ですので、ご理解をいただければと思います。また、郵送請求やコンビニ交付など市役所へ来庁することなくできる手続きもありますので、ぜひご利用ください。

令和2年4月14日
 蕨市長 賴髙 英雄

写真1:市役所窓口の様子

新型コロナウイルス感染症の感染者確認について

 本日、市内在住者で初めて新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されました。埼玉県からの情報によりますと、蕨市内に住む30代の女性で、詳細な行動履歴や濃厚接触者などについては、調査中とのことです。
 市民の皆さんにおかれましては、今回の感染者の確認について、ご不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、今後も国や県、蕨市が発信する情報に基づいて、落ち着いた行動を心掛けていただくようお願いいたします。
 蕨市では、関係機関と連携しながら、今後とも市民の皆さんの健康と安全を第一に、適切な対応を図ってまいります。緊急事態宣言が発令されるなど、感染拡大防止のため重要な局面でありますので、市民の皆さんには、不要不急の外出を自粛いただくとともに、こまめな手洗いや咳エチケットなど、基本的な感染症対策の励行をお願いいたします。

令和2年4月12日
 蕨市長 賴髙 英雄

市立病院職員の新型コロナウィルス感染について2

 4月10日夜間、蕨市立病院に勤務する助産師(市外在住)が、新型コロナウィルスに感染したことが判明しました。当該助産師は4月8日が最後の出勤で、帰宅後、発熱症状を認め、その後、出勤はしておりません。市立病院の助産師の感染判明は2例目であり、1例目との関連を否定できないと判断し、感染拡大防止のため、医師、産科病棟スタッフ、入院されていた方等へのPCR検査を行うとともに、当面の間、産科業務(病棟・外来)を停止することとしました。
 市民の皆さんには、大変ご不便やご心配をおかけしますが、今後とも、保健所と連携しつつ、感染拡大の防止に全力を尽くすとともに、市民の皆さんの健康と安全を第一に適切に対応してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。なお、今後の詳細の経過につきましても、市立病院ホームページでお知らせしてまいります。

令和2年4月11日
 蕨市長 賴髙 英雄

心と体の健康のため、自宅で体を動かそう!

 緊急事態宣言が発令されて4日目となりました。蕨市の対応方針も示させていただきましたが、感染拡大の防止に向けて、市民の皆さんにお願いしたいことは、何と言っても、外出を自粛し、なるべく自宅で過ごしていただくこと、「STAY AT HOME」です。
しかし、自宅で過ごす時間が長くなると、どうしても、運動不足になり、ストレスがたまり、心と体の健康にはよくありません。そこで、蕨ケーブル「ハローわらび」では、自宅でできる運動などを紹介していきます。10日から始まった番組では、「お家でできる介護予防体操」、24日からは、「お家でできる親子体操」です。YouTubeなどでも、様々な体操が紹介されています。ぜひ、こうしたものも活用していただき、心と体の健康を大切にしてほしいと思います。 

令和2年4月11日
蕨市長 賴髙 英雄

市立病院職員の新型コロナウイルス感染について

 4月9日夜間、蕨市立病院に勤務する助産師(市外在住)が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。当該助産師は4月4日が最後の出勤で、4月5日に発熱症状が出てからは出勤していません。既に、濃厚接触者と考えられる職員3名を自宅待機とするとともに、施設の消毒や産科病棟の入院受け入れを制限するなど感染防止策を講じています。また、外来については、保健所と連携を図りながら、通常どおり継続することとしています。
 市民の皆さんには、ご不便やご心配をおかけしますが、今後とも、保健所と連携しつつ、感染拡大の防止に全力を尽くすとともに、市民の皆さんの健康と安全を第一に適切に対応してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月10日
蕨市長 賴髙 英雄

新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言に対する蕨市の対応について

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本日、政府は、埼玉県を含む7都府県に対して、緊急事態宣言を発令しました。これを受けて、埼玉県は、緊急事態措置を決定しました。私は、この間、市民の暮らしと命を守る自治体の市長として、感染拡大の防止と市民の皆さんの健康、安全のために全力を尽くしてきましたが、本日の緊急事態宣言を受けて、ただちに、蕨市新型コロナ対策本部を開催し、以下の通り、蕨市の対応方針を決定しました。
 今回の新型コロナウイルス感染症との闘いは、大変困難なものでありますが、社会全体が力を合わせて感染拡大の防止に取り組めば、必ず乗り越えられるものと確信しています。市民に最も身近な自治体として、市民の皆さんに寄り添いながら、感染拡大の防止と市民の皆さんの健康、安全を守るため、市長を先頭に、市職員が一丸となって、全力を尽くしてまいります。市民の皆さんには、自分自身や周りの大切な人の感染を防ぐため、不要不急の外出自粛をはじめ、引き続き、感染拡大の防止にご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

令和2年4月7日
蕨市長 賴髙 英雄

蕨市の対応方針

1.不要不急の外出自粛等の要請

  • 平日、週末に関わらず通勤や通院、食料の買い出しなど、生活の維持に必要な外出以外は控えていただくよう強く要請します。特に、密閉空間、密集場所、密接場面のいわゆる「3つの密」は避けるようにして下さい。
  • 生活必需品などの物資については、必要以上の確保を行わない等、冷静な対応に努めるようお願いします。

2.市主催のイベント等の中止・延期及び公共施設の利用中止等

  • 市主催のイベント等の中止・延期及び公共施設の利用中止は、5月6日まで延長します。市民団体等に対して、市の対応に準じて、イベント等の開催を自粛するよう要請します。

3.小中学校の臨時休業延長

  • 5月6日まで小中学校の臨時休業を延長します。在籍児童、生徒は5月7日の始業式から登校することとし、新入学児童、生徒は5月8日の入学式から登校することとします。
  • 休業期間中は登校日を設け、児童生徒の健康状態及び学習状況を把握するとともに、各種連絡事項を伝達します。
  • 休業期間中、一人で留守番ができないお子さんについては、4月13日より各学校でお預かりします。

4.保育園・留守家庭児童指導室の開園及び規模縮小について

  • 原則として、開園・開室します。感染の予防に留意した上で保育を行いますが、一定の条件(※)以外のご家庭につきましては、登園・登室の自粛を要請します。
    (※)医療従事者や社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方、ひとり親家庭などで仕事を休むことが困難な方など

入学式及び学校再開日の延期について

 先日、埼玉県の方針などを踏まえて、学校の再開日を4月13日とし、入学式は規模を縮小して4月8日に開催する方針としましたが、その後の感染拡大の中で、国による緊急事態宣言において埼玉県も対象区域に指定される方向で検討されていることから、改めて教育委員会と協議し、4月8日の入学式等及び4月13日の学校再開日を延期することとしました。学校再開日をいつにするのかは、緊急事態宣言の期間なども踏まえて、改めて、検討いたします。
 結果として、子ども達にとっては、長期の休校となってしまいますが、更なる感染拡大の防止と子ども達の健康と安全のための対応でありますので、ご理解いただければと思います。

令和2年4月6日
蕨市長 賴髙 英雄

週末等の外出自粛について

 東京都内で感染者が大幅に増加し、埼玉県内でも拡大傾向が続く中、昨日、埼玉県の大野知事から、先週末に引き続き、4月19日まで週末等の不要不急の外出を自粛する要請がありました。
 蕨市内では、まだ感染は確認されていませんが、急激な感染拡大の防止に向けて重要な時期でありますので、改めて、市長として、市民の皆さんには、次のことを呼びかけます。

  • 週末における不要不急の外出や平日においても繁華街での夜間の外食や都内への外出を自粛し、3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けるなど、感染に十分注意した行動をとってください。
  • 手洗い、咳エチケット、適切な換気など、引き続き、感染防止を十分に意識した日常生活を送ってください。

 市民の皆さんには、何かとご不便もあるかと思いますが、自分自身や周りの大切な人の感染を防止するため、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月3日
蕨市長 賴髙 英雄

学校の再開について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月2日から26日まで臨時休校としていた市立小中学校について、昨日、埼玉県が県立中学校及び高等学校を4月13日から再開するとしたことや県内が感染拡大警戒地域に入っていないこと、更には、児童生徒の学習保障等の観点から、文部科学省のガイドラインを踏まえて、本市においても4月12日まで休業期間を延長し、4月13日から再開することといたしました。ただし、埼玉県においても再開まで今後の感染者数の推移を見守る必要があるとのことでありますので、状況を見極めながら今後も判断をしていく考えです。
 また、4月8日に予定している入学式・始業式につきましては、参列者や開催方法など感染対策を十分に講じたうえで、予定通り実施をいたします。
 今後とも児童・生徒の安全と健やかな成長を基本に、更には、児童・生徒や保護者の皆さんの心情にも寄り添いながら、適切に対応していきたいと考えていますので、ご理解いただきますようお願いします。

令和2年4月3日
蕨市長 賴髙 英雄

4月15日まで公共施設の利用を中止

 東京都内で感染者が大幅に拡大し、埼玉県内でも拡大傾向が続く中で、先日、埼玉県の大野知事から、週末の外出自粛要請に続き、30日以降の平日における都内への不要不急の外出をはじめ、密閉した屋内での密集・密着した集まりのほか、数名以上の会食や夜間の外出などの自粛要請がありました。今まさに、爆発的な感染拡大の防止に向けて大切な時期を迎えています。こうした状況を踏まえ、蕨市では、これまで一部利用可能としていた公民館の貸室やスポーツ施設などについて、明日4月1日から15日までの間、すべて利用中止とさせていただくこととしました。16日以降については、その後の感染状況によって判断をしていきます。利用者の皆さんには大変ご不便をおかけしますが、感染拡大を防ぐための大切な措置でありますので、どうぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年3月31日
蕨市長 賴髙 英雄

妊娠届を出された妊婦の方にマスクを提供

 この度、戸田市内でサングラスメーカーを営む株式会社FLEX代表の稲垣寛至様より、サージカルマスク3000枚をご寄付いただきました。マスク不足が続く中、大変ありがたいことです。蕨市では、これまでも、市が備蓄しているマスクを蕨戸田市医師会や保育園、介護事業所などの福祉施設に提供してきましたが、今回いただいたマスクが10枚単位で小分けされていることから、明日、4月1日からマスク不足が解消されるまでの間、妊娠届を出された妊婦の方に、一袋(10枚)づつ、配布することとしました。稲垣様に感謝申し上げるとともに、これからも、感染拡大の防止と市民の皆さんの健康、安全のために、取り組みを進めて行きたいと思います。

令和2年3月31日
蕨市長 賴髙英雄

週末における不要不急の外出自粛について

 東京都内で感染者が急激な増加を見せる中、昨日、東京都から外出自粛の要請があり、更に、本日、埼玉県の大野知事から、週末における不要不急の外出自粛の要請がありました。蕨市内では、まだ感染は確認されていませんが、爆発的な感染拡大の防止に向けて大切な時期でありますので、改めて、市長として、市民の皆さんに、次のことをお願いします。

  • 今週末における不要不急な外出は自粛してください
  • 引き続き、手洗い、咳エチケットなど一人ひとりが感染防止の意識を持って行動してください
  • 物流は通常どおり機能していますので、不要な商品の買いだめなどはお控えください

 市民の皆さんには、感染拡大の防止と自分自身や周りの大切な人の健康と安全を守るため、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年3月26日
蕨市長 賴髙 英雄

市長タウンミーティングの中止について

 先日、市のイベント等の中止・延期の方針を4月15日まで延長する方針を決定しましたが、それに伴い、市内5か所の公民館で開催を予定していた新年度の市長タウンミーティングは中止とすることにいたしました。
 市長タウンミーティングは、新年度の予算や施策について、市長からお話しし、市民の皆さんの声を直接お伺いする貴重な機会であるだけに残念ですが、新型コロナウィルス感染拡大の防止と市民の皆さんの健康、安全を守るために、やむを得ないと判断しました。新年度の予算や施策については、広報蕨4月号や蕨ケーブルテレビで紹介されますので、是非、ご覧ください。また、市政や予算に対する市民の皆さんのご意見などは、ぜひ、市長への手紙などでお届けいただければと思います。

令和2年3月26日
蕨市長 賴髙 英雄

イベント等の中止・延期を4月15日まで延長

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市のイベント等については、3月末まで中止または延期とする対応としてきましたが、県内では感染者の増加が見られ、都内においても感染経路不明なケースが増えるなど、依然として十分な警戒が必要な状況が続いています。
 そこで、本日、危機対策会議を開催し、市のイベント等を中止・延期とする対応方針を4月15日まで延長することといたしました。引き続き、感染拡大防止と市民の健康、安全を守るため、力を尽くしてまいりますので、市民の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年3月24日
蕨市長 賴髙 英雄

訪問介護事業所にマスクを提供

 依然としてマスク不足が解消されない中で、市内の訪問介護事業所から、マスクが不足しているとの声が寄せられました。訪問介護事業所では、ホームヘルパーの方が高齢者宅を訪問し、必要な介護サービスを提供しており、感染予防のためには、マスク着用は欠かせません。まして、高齢者の皆さんは、感染すると重症化するリスクがあります。そこで、市が備蓄しているマスクを市内に11ある訪問介護事業所に提供することにしました。引き続き、感染拡大の防止と市民の皆さんの健康、安全を守るため、全力を尽くしてまいります。

令和2年3月19日
蕨市長 賴髙英雄

18日から小学校の校庭開放へ

 小中学校を臨時休校としてから、3週間目に入りましたが、保護者の皆さんから、子どもたちの運動不足による心身のストレスや健康面を心配される声が届いています。私自身も、心配しています。そこで、教育委員会と協議し、明日、18日(水曜日)から、小学校の校庭開放を行うことにしました。新型コロナウィルス感染を防ぐため、子どもたちが集団とならないようにしたり、開放時間を制限したりするなど一定のルールを設けて行う予定です。これからも、感染拡大防止に力を尽くしつつ、子ども達や保護者の皆さんの気持ちに寄り添いながら、対応していきたいと思います。

令和2年3月17日
蕨市長 賴髙英雄

小・中学校の給食食材を福祉施設や障害者団体に提供

 3月2日からの小・中学校の臨時休校によって学校給食も休止となりました。このことで、既に収めていただいている3月分の給食費については、返還などの手続きを進めています。
 また、給食を作るためにさまざまな食材を注文していますが、給食の休止によって、注文をキャンセルしましたが、どうしてもキャンセルできない場合が出てしまいます。それらキャンセルできない食材の中で、冷凍食品など4月以降に使えるものは回すようにしましたが、鮮度や消費期限などから、処分せざるを得ないものが出てしまいました。そこで、そうした食材を有効活用するため、本日11日(水曜日)に、特別養護老人ホーム蕨サンクチュアリや総合社会福祉センター、蕨市立病院などの施設のほか、お弁当作りを行っている障害者団体に提供しました。食材は、サツマイモやゴボウなど野菜を中心に合わせて6品目です。ぜひ、有効に活用していただきたいと思います。

令和2年3月11日
蕨市長 賴髙 英雄

保育園・学童保育室へのマスク、アルコール消毒液の提供について

 依然として、マスクやアルコール消毒液不足が続いている中、蕨市では、相談のあった市内の民間保育園と学童保育事業者に対し、市が備蓄しているマスクとアルコール消毒液の提供を行うことにしました。今後も、感染拡大防止と子ども達の健康、安全を守るため、きめ細かく、相談に応じながら、対応していきたいと思います。

令和2年3月10日
蕨市長 賴髙 英雄

 

学校での児童の受け入れについて

写真1:学校での子どもの預かりの様子

 新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて、3月2日より、蕨市立小・中学校の臨時休校措置を講じていますが、仕事を休めないご家庭や一人で過ごすことが難しいお子さんなどのために、学校施設で児童をお預かりするとともに、学童保育室を通常通り開設する措置を講じています。
 休校後、本日で5日目となり、学校の対応や子どもたちの様子を確認するため、学校を訪問しました。伺った南小学校、北小学校では、クラスごとや学年ごとに教室での預かりとなっていて、数名から10名程度と、クラス、学年によって人数の幅がありますが、子どもどうしの間隔を空けたり、教室の換気をしたりするなどの感染予防対策をしっかり取っていて、子どもたちは、先生や指導員の方たちに対応をしていただきながら、各自、自習や読書などに取り組み、とても元気でした。
 今週、市内7つの小学校でお預かりした児童数は、3月2日(月曜日)から本日6日(金曜日)までで、延べ1624人、1日平均約325人となりました。お子さんの送迎など、保護者の皆さんには、ご負担をおかけしますが、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

写真2:学校での子どもの預かりの様子

 令和2年3月6日
 蕨市長 賴髙 英雄


市内公共施設の臨時休業について

 蕨市では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、既に、イベントなどの中止・延期や蕨市立小・中学校の臨時休校の措置などを講じていますが、図書館や市民会館、公民館、児童館など、多くの市民の皆さんが接触する可能性のある公共施設について、本日より、当分の間、休館措置とすることといたしました。感染拡大防止に向けた、この1、2週間が正念場とのことでありますので、市民の皆さんには、ご不便をおかけしますが、ご理解をいただければと思います。なお、既に予約が入っている方の対応などは、市ホームページをご覧いただくとともに、それぞれの施設にお問い合わせいただければと思います。

令和2年3月4日
蕨市長 賴髙 英雄

小・中学校の卒業式の対応について

 小・中学校の卒業式については、教育委員会において、当初、式典を行わない方針としていましたが、保護者の皆さんから、児童・生徒たちだけでもよいので、何らかの形で式典を行って欲しいとの声が寄せられていました。そこで、教育委員会と協議した結果、参加者を児童・生徒のみとするなど、感染対策をじゅうぶんに講じた上で、当初の日程どおり、式典を行うことといたしました。
 新型コロナウイルスをめぐる状況は、刻々と変化していますが、今後とも児童・生徒の健康と安全を最優先に、感染拡大を防ぐため、更には、児童・生徒や保護者の皆さんの心情にも寄り添いながら、柔軟に対応していきたいとかんがえていますので、ご理解いただければと思います。 

令和2年3月3日
蕨市長 賴髙英雄

 

蕨戸田市医師会へのマスク提供について

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、マスク不足が大きな問題となっています。とりわけ、医療機関においてもマスク不足が深刻となる中、蕨市では、蕨戸田市医師会からの要請に応えて、3月2日に市が備蓄しているマスク5000枚を蕨戸田市医師会に提供いたしました。今後とも、関係機関と連携して、新型コロナウイルス感染拡大の防止をはじめ、市民の皆さんの健康と安全を守るための取り組みを進めて行きたいと考えています。

令和2年3月2日
蕨市長 賴髙英雄

蕨市民の皆さんへ

 市民の皆さんにおかれましては、この度の新型コロナウイルス感染症について、ご心配されていることと思います。
 蕨市では、この間、ホームページ等を通じて、南部保健所に開設された「帰国者・接触者相談窓口」の案内をはじめ、咳エチケットや手洗いなど感染症対策の周知を図るとともに、1月31日には、危機対策会議を開き、市民と接する窓口における職員へのマスク着用の励行や手指消毒液の設置など、必要な対応を図ってまいりました。
 現在、日本国内においても、市中感染の拡大が危惧される中、2月21日にはイベントや集会の自粛または延期の判断を示す対応方針を定め、市のイベントを自粛するとともに、市民団体の皆さんにも方針に沿った対応をお願いし、ご協力をいただいております。
 更に、本日、国からの要請に応えて、全ての市立小中学校を3月2日から26日まで臨時休校にすることにいたしました。突然の要請であり、保護者並びに児童・生徒の皆さんには、ご心配とご負担をおかけすることと思いますが、感染拡大の防止に向け、この1,2週間が正念場であるとのことから、子どもたち、更には市民の皆さんの安全を守るための措置でありますので、ご理解をいただければと思います。なお、いろいろなご事情から、お休みがとれない、お子様を一人にできない、などのご家庭もあると思いますので、学校における児童の預かり対応や留守家庭児童指導室を通常どおり開室する措置を講じることといたしました。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市民の皆さんにおかれましては、引き続き、こまめな手洗いや消毒、なるべく人混みを避けるなどの感染予防に取り組んでいただきますようお願いいたします。
 今後も、蕨市では、子どもたちをはじめ、市民の皆さんの健康・安全を第一に、全庁一丸となって適切に対応してまいります。

令和2年2月28日
蕨市長 賴髙英雄

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

蕨市役所
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-432-3200 (代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。