保健・医療に関するもの

ページ番号1004444  更新日 令和4年6月30日

印刷大きな文字で印刷

妊婦一般健康診査等自己負担交付金

妊婦健康診査等の費用負担軽減を図るため、蕨市と埼玉県が委託契約をしていない医療機関又は助産所で、妊婦健康診査、産婦健康診査、新生児聴覚スクリーニング検査の助成券を使用せずに受診した方に対して、費用の一部を助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

不妊検査費・不育症検査費助成

不妊検査又は不育症検査開始時の妻の年齢が43歳未満の夫婦が検査を受けた場合(不育症検査は妻のみでも可)に、検査費用のうち20,000円を上限に助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

不妊治療費助成

不妊治療開始時の妻の年齢が35歳未満の夫婦が治療受けた場合に、初回治療費用のうち100,000円を上限に助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

定期予防接種費用助成

里帰りや長期の入院等により、やむを得ず、蕨市が委託契約をしていない医療機関で定期予防接種を受ける場合に、接種費用の一部を助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)任意接種費用助成

HPVワクチンの積極的勧奨差し控えにより、定期接種の対象年齢を過ぎた後から令和4年3月31日までの間に任意でHPVワクチンを接種していた場合に、接種費用の一部を助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

造血細胞移植後定期予防接種ワクチン再接種費用助成

造血細胞移植により定期予防接種で得た免疫が低下又は消失し、医師が再接種を必要と認める20歳未満の方が再接種を受ける場合に、接種費用の一部を助成します。

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

骨髄移植ドナー助成制度

公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄または末梢血幹細胞を提供した者に対し、助成金を交付することにより、ドナーの経済的な負担を軽減します。骨髄等の提供に係る通院または入院の日数×2万円(1回の提供につき14万円を限度とします)

申請・問い合わせ先:保健センター(電話048-431-5590)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部政策企画室
〒335-8501 埼玉県蕨市北町2丁目8番8号
仮設庁舎2階
電話:048-433-7698
政策企画室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク