市・県民税 よくある質問

ページ番号1000879  更新日 令和1年12月17日

印刷大きな文字で印刷

質問住民税と所得税の違いはなんですか?

回答

1.前年所得課税と現年所得課税

所得税は、その年の所得がその年の課税になる現年所得課税になっています。
住民税は、前年の所得の内容に対して現年の6月に1年間の税額が決定する前年所得課税(ただし退職所得は現年所得課税)になっています。

2.所得控除額

社会保険料控除や医療費控除など控除額が共通のものもありますが、配偶者控除や扶養控除等では控除額が異なります。

3.税率

住民税
  • 市民税所得割:一律6%
  • 県民税所得割:一律4%
所得税 5%、10%、20%、23%、33%、40%、45%と7段階の超過累進税率

※超過累進税率とは、課税標準額を段階的に区分し、上の段階に進むほど高い税率が適用される仕組みです。

4.均等割

所得税には均等割がありません。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課市民税係
〒335-0004 埼玉県蕨市中央4丁目21番29号
仮庁舎(市民会館)3階多目的ホール
電話:048-433-7707
税務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク