収集できないごみ

ページ番号1001332  更新日 令和2年12月28日

印刷大きな文字で印刷

以下のものは、市では収集を行っていません。処理方法に基づいて対処をお願いします。

収集できないもの 処理方法
テレビ(液晶・プラズマ式、ブラウン管式)、エアコン、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機 購入店又は下記関連情報「テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫及び家庭用冷凍庫の処分方法」をご覧ください。
  • 爆発のおそれや有害性のあるもの
    (例)ガスボンベ、ガソリン、オイル、灯油、シンナー、薬品類など
  • ボタン型電池、充電式ニカド電池
  • 処理施設の機能に支障を生じさせるもの
    (例)畳、ピアノ、コンクリート、石、土砂、ブロックなど
購入店又は下記関連情報「事業系ごみの出し方」にある「一般廃棄物処理業者」にご相談ください。
増改築など工事により出る古材、瓦、建具、設備など 施工業者又は下記関連情報「事業系ごみの出し方」にある「一般廃棄物処理業者」にご相談ください。
パソコン(デスクトップ型本体、ディスプレイ、ノートブック型、ディスプレイ一体型) 下記関連情報「家庭用パソコンの処分方法」をご覧ください。
自動車、自動車部品(タイヤ、マフラー、ホイールなど)、オートバイ(50CC以下を除く)、オートバイの部品など 自動車引取業者又は下記関連情報「事業系ごみの出し方」にある「一般廃棄物処理業者」にご相談ください。
中身の残っているスプレー缶、カセットコンロ用ガスボンベ
  • ガスを抜く場合
    爆発防止のため、必ず中身を使い切ってから、資源物(金属類)として出してください。 下記関連情報「日本ガス石油機器工業会」ホームページ内「カセットボンベに関するお問い合わせ先」、または「社団法人日本エアゾール協会」ホームページ内「正しいごみへの出し方」をご参照ください。
  • ガスを抜くことができない場合
    記関連情報「事業系ごみの出し方」にある「一般廃棄物処理業者」にご相談ください。
  • 事業活動に伴って出るごみ
  • 一般廃棄物
事業系ごみは、排出者の方の責任で処理していただくことになります。下記関連情報「事業系ごみの出し方」をご参照ください。
  • 事業活動に伴って出るごみ
  • 産業廃棄物

事業系ごみは、排出者の方の責任で処理していただくことになります。下記関連情報「埼玉県庁」ホームページ内「産業廃棄物の取り扱いについて 排出事業者の処理責任」をご参照ください。

※珪藻土を使用した製品の収集を一時停止しております。詳しくは、下記関連情報をご覧ください。 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部安全安心推進課生活環境係
〒335-0001 埼玉県蕨市北町5丁目13番23号
電話:048-443-3706
安全安心推進課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク