お知らせ;令和6年度第2子以降学校給食費無償化事業について

ページ番号1010395  更新日 令和6年4月30日

印刷大きな文字で印刷

 蕨市では、子育て世帯の経済的負担軽減を図るため、第2子以降の義務教育期間における蕨市立小・中学校の学校給食費無償化事業を実施します。
 無償化の実施方法は、一度お支払いいただいた対象児童等の給食費を保護者の申請に基づき、指定口座に還付する方式(補助金方式)となります。

学校給食費無償化事業の対象となる保護者・児童生徒の方

 以下の「1」から「4」を全て満たしている保護者及び児童生徒が無償化事業の対象となります。なお無償化となるのは生計同一世帯の 、義務教育期間中(中学3年生~小学1年生)の児童生徒のうち、年齢が上から2番目以降のお子様が事業対象となります。下記の表「無償化の対象となる児童生徒の例」をご参照ください。

  1. 義務教育期間中(中学3年生~小学1年生)のお子様と市内に住所を有し同居しており、且つ、扶養している。
  2. 「1」のうち、上から(義務教育期間中の最年長の子から数えて)第2番目以降のお子様が蕨市立の小学校・中学校で給食の提供を受けている。
  3. 給食費や市税に未納がない。(世帯全員)
  4. 生活保護や就学援助等の公的扶助制度により給食費に相当する額の給付を受けていない。

学校給食費無償化事業の申請について(令和6年7月1日から申請受付を開始します)

  • この事業は、申請書の提出が必要となります。(申請書の書式は6月中旬以降に公開します)
  • 無償化の実施方法は、一度お支払いいただいた対象児童等の給食費を、申請された保護者の指定口座に還付する方式(補助金方式)となりますので、対象となられる場合も給食費の納付は継続してください。
  • 無償化の実施は令和6年4月分の給食費から対象となります。
  • 保護者の指定口座に還付する時期は、令和7年の3月~5月を予定しています。
  • 還付する金額は、令和6年度中に収めていただいた対象児童生徒等の給食費相当額となります。
  • 申請の方法や申請書の書式などの詳細については、6月中旬(6月17日を予定しております)に蕨市ホームページ(学校給食センター)に公開いたします。

申請方法と申請書の書式(作成中)

申請方法の詳細と申請書の書式は、令和6年6月中旬(6月17日を予定しています)にこのページで公開いたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育部学校給食センター
〒335-0005 埼玉県蕨市錦町2丁目6番14号
電話:048-443-4151
学校給食センターへのお問い合わせは専用フォームへのリンク