蕨市マスコットキャラクター「エンジェルわらぶー」

ページ番号1002270  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

わらぶー出演情報

出演日
4月29日(月曜・祝日)
出演場所
中山道(歴史民俗資料館前)
出演イベント
蕨市市制施行60周年記念オープニングセレモニー
担当部署
政策企画室

過去の出演情報

エンジェルわらぶーの着ぐるみを高見沢さんにお披露目しました

エンジェルわらぶーの着ぐるみを高見沢さんにお披露目するため、平成27年11月18日に、THE ALFEEの公演会場である大宮ソニックシティ大ホールに行ってきました。
新アルバムの発売を控えた秋のツアーでバンド活動が多忙な中、エンジェルわらぶーに会うため、お時間を取っていただきました。
高見沢さん、本当にありがとうございました。

写真:高見沢さん&エンジェルわらぶー
公演を見終わって興奮のわらぶー、
高見沢さんと初対面!
幸せの眠りぶただけあって、
高見沢さんの隣で本当に幸せそう。
写真:わらぶー尻尾サイン
高見沢さんとの対面の記憶がわらぶーの尻尾に刻まれました。
この思い出は、50年、100年と続いていくでしょう!

これから、エンジェルわらぶーは、市が主催・共催するイベントをはじめとした公的行事に出演して、蕨市のPRを行っていく予定です。
今後もエンジェルわらぶーの応援をよろしくお願いします!

※エンジェルわらぶーは、普段は眠りながら空を飛んでいます。イベントなどにおける活動予定を知りたい方は、ページ上部にある出演情報をご覧ください。

しあわせのねむりぶた「Angel WaraBU-!!」(エンジェルわらぶー)とは

イラスト:エンジェルわらぶー

蕨市マスコットキャラクター「Angel WaraBU-!!」(エンジェルわらぶー)は、2010年(平成22年)に誕生しました。
デザインをしてくれたのは、THE ALFEE(ジ アルフィー)の高見沢俊彦さんです。
蕨市出身の高見沢さんが、故郷蕨の市制50周年をお祝いして無償で作ってくれました。
市制50周年(平成21年)はTHE ALFEEのデビュー35周年。バンドの節目の大切な時期なのに、その合い間をぬって蕨市のためにデザインをしてくれました。
高見沢さん、ほんとうにありがとうございました。

高見沢さんのコメントです

動物の寝顔は見ている者を幸せな気持ちにさせてくれます。
それとヨーロッパでは子豚はラッキーピッグといって繁栄の象徴でもあります。
今年自分のホームタウンである蕨市が市制50周年を迎え、いつまでも市民の皆さんが安全に幸福に暮らせることを願いながら…
今回Angel WaraBU-!!(しあわせのねむりブタ)をデザイン致しました。
このわらぶー君が、末永く蕨市のみなさんに愛され続けることを心より願っています。

THE ALFEE 高見沢俊彦

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部政策企画室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7698
政策企画室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク