わらび子ども宣言

ページ番号1001799  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

蕨市の子どもたちが、豊かな心を育み、社会に誇れる人格を形成することはすべての市民の願いです。

そこで、蕨市市制施行50周年記念にあたり、蕨における近代教育の礎を築いた先人の教え等を基盤とし、未来ある蕨市の子ども像の実現に向けた、青少年健全育成の指針として「わらび子ども宣言」を制定しました。

わらび子ども宣言は、子どもの立場からは、「このような蕨の子どもになります」という宣言ですが、同時にまた、大人の立場からは「このような蕨の子どもに育ってほしい」という宣言でもあります。

宣言文の内容

  1. 人に優しく 相手の気持ちを大切にします
  2. ありがとう 感謝の気持ちを大切にします
  3. 自分からすすんであいさつします
  4. 将来のためにすすんで学びます
  5. みんなと仲良くし 友達の輪を広げます
  6. 命を大切にし 心も体もたくましくなります
  7. わらびの未来を私たちがつくります

わらび子ども宣言の制定経過について

蕨市の青少年健全育成の指針が必要であるといった気運の高まりに応じ、平成21年度の蕨市市制50周年記念事業の一環として『わらび子ども宣言』を制定することになりました。
この宣言文を制定するため、以下の組織を代表する方により、構成いたしました。

  1. 青少年育成蕨市民会議
  2. 蕨市小中学校長会
  3. 蕨市PTA連合会
  4. 蕨市青少年団体連絡協議会
  5. 蕨市子ども会育成連合会
  6. 蕨市少年センター補導員会

宣言文の基盤としたものは、蕨の近代教育の礎を築いた『石川直中 先生』(蕨郷校:現北小学校)の精神であり、その要素に加えて現代の青少年健全育成に必要とされる事項を盛り込んだものが『わらび子ども宣言』です。

平成21年7月25日(土曜)『青少年健全育成をすすめる蕨市民大会』において、市内7小学校の児童(各校2名:計14名)による宣言文の発表を行い、この席上で市民総意の宣言文として制定いたしました。

今後は、蕨市として『わらび子ども宣言』を多種多様な青少年健全育成の場で活かすように考えております。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育部生涯学習スポーツ課青少年係
〒335-8501 埼玉県蕨市北町2丁目8番8号
仮設庁舎2階
電話:048-433-7729
生涯学習スポーツ課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク