「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

ページ番号1002971  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程で形作られた身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低位の状態を強いられ、日常生活の上で様々な差別を受けるなど、わが国固有の重大な人権問題です。
同和問題の解決を図るため、これまで国や地方公共団体を含めて様々な取り組みがなされてきましたが、現在もなお、部落差別が存在し、情報化の進展に伴い状況の変化も生じています。
こうした状況を踏まえ、平成28年12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律は、部落差別は許されないものであるとの認識を明らかにした上で、部落差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的としています。
同和問題を正しく理解し、一人一人の人権が尊重される社会の実現を目指しましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部庶務課人権担当
〒335-8501 埼玉県蕨市北町2丁目8番8号
仮設庁舎2階
電話:048-433-7705
庶務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク