固定資産税・都市計画税 よくある質問

ページ番号1000887  更新日 令和1年12月17日

印刷大きな文字で印刷

質問土地の評価額が下がったのに税額が上がったのですか

回答

土地の評価額が下がったのに税額が上がりました。どうしてですか?

質問に対する回答

地域によって評価額に対する税負担に格差があるのは、税負担の公平の観点で問題があることから、平成9年度の税制改正でこの格差を解消していくためのしくみが導入されましたが、平成12年度以降もこれを一層促進する措置が講じられています。
このしくみは、負担水準が高い土地は税負担を引き下げたり据え置いたりする一方、負担水準が低い土地は、なだらかに税負担が上昇するしくみです。
お問い合わせの件ですが、下がった評価額で計算した負担水準も低かったために、税負担が上昇することになりました。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課固定資産税係
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7708
税務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク