水道事業における節電の取り組み

ページ番号1001394  更新日 令和2年5月20日

印刷大きな文字で印刷

電力使用量削減効果

  消費電力量(kWh) 対前年比 平成22年度比
平成22年度

2,321,513

-

-

平成23年度

2,107,720

90.8%

90.8%

平成24年度

2,087,879

99.1%

89.9%

平成25年度

2,191,817

105.0%

94.4%

平成26年度

2,069,563

94.4%

89.1%

平成27年度

2,031,559

98.2%

87.5%

平成28年度

1,988,995

97.9%

85.7%

平成29年度

1,996,837

100.4%

86.0%

平成30年度

2,000,096

100.2%

86.2%

令和元年度 2,127,162 106.4% 91.6%

節電目標

総電力使用量の平成22年度比10%以上削減を継続します。

節電行動

  1. 配水ポンプ
    お客様へ影響が出ない範囲で、配水ポンプの圧力を下げます。
  2. 取水井(深井戸)ポンプ
    可能な限り、電力需要の高い午後の時間帯を避けて、地下水を汲み上げます。
  3. 照明
    執務エリアの照明を3分の1程度間引きするとともに、使用していないエリアは消灯します。
  4. 空調
    執務エリアの空調温度を夏期28度、冬期20度とします。
  5. その他
    業務用パソコンを、節電モードとします。

電力使用に関する特徴

  1. 用途
    蕨市水道事業における電力の主な用途は、お客様のもとへ水道水を供給するための配水ポンプ、及び深井戸から地下水を汲み上げるための取水ポンプの稼働電力です。その他、少量ながら事務所等の照明・空調機器・事務用パソコン等に使用しています。
  2. 電力使用量のピーク
    蕨市の水道水の使用状況は、地域特性から工場や大規模店舗等の大口需要者が少ないこともあり、一般家庭での水道水の需要に連動して電力使用量も高くなる傾向にあります。電力使用のピークは午前8時台、午後9時台となっています。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

水道部業務課
〒335-0004 埼玉県蕨市中央2丁目10番6号
電話:048-431-3507
水道部 業務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク