東京2020オリンピック聖火リレールートの詳細が発表されました

ページ番号1002207  更新日 令和1年12月26日

印刷大きな文字で印刷

市ではこれまで、東京2020オリンピックの聖火リレーの誘致に向けて、県知事へ要望するなど取り組みを進めてきました。
2019年6月1日に大会組織委員会より東京2020オリンピック聖火リレールート概要について発表があり、2020年7月7日(火曜日)に聖火リレーが蕨市を通ることが決定しました。

そして、この度、2019年12月17日に聖火リレールートの詳細が発表されました。

蕨市・戸田市(埼玉県1日目・第2区間)のルートについて

2020年7月7日(火曜日)、埼玉県1日目・第2区間として、オリンピック聖火が蕨市及び戸田市を通ります。

出発予定地は「蕨市役所」となっており、「中山道蕨宿本陣跡」交差点を左折後、
旧中山道を板橋宿方面へ聖火ランナーが南進します。

その後、国道17号に合流し、戸田市方面へ。
「戸田市役所入口」交差点を右折し、最終的に「戸田市役所」が到着予定地となっています。

なお、蕨市・戸田市の第2区間は、予定距離数が1.8km、
予定スロット数(ランナーの人数)が10となっています。

東京2020オリンピック聖火リレールートについて(蕨市・戸田市通過分)

蕨市・戸田市ルート詳細図

詳細は、以下のホームページでも御覧いただけます。

埼玉県内の通過順序

1日目 7月7日(火曜)

川口市⇒蕨市・戸田市⇒和光市・朝霞市・新座市⇒日高市⇒狭山市⇒富士見市・三芳町・ふじみ野市⇒所沢市

2日目 7月8日(水曜)

草加市⇒八潮市・三郷市⇒吉川市・越谷市⇒秩父市・皆野町・長瀞町⇒春日部市⇒杉戸町・宮代町⇒久喜市・加須市⇒行田市⇒熊谷市

3日目 7月9日(木曜)

川越市⇒鶴ヶ島市・坂戸市⇒本庄市・深谷市⇒嵐山町・東松山市・滑川町⇒鴻巣市・北本市⇒桶川市・上尾市⇒さいたま市

聖火リレーのスケジュールや1日の流れなど、詳細は公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のホームページでもお確かめいただけます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部政策企画室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7698
政策企画室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク