看護科

ページ番号1007142  更新日 令和3年4月28日

印刷大きな文字で印刷

看護部長あいさつ

当院は地域の中核病院として、市内唯一の救急医療と分娩のできる病院としての役割を担っています。医療情勢がめまぐるしく変化する中でも、看護には普遍的な力があります。当院看護科は「看る・感じる・考える」看護の力を究め、患者さんやご家族の立場を尊重した心あたたかな看護の提供を目指しています。様々な経験を重ねたスタッフと日々研鑽し、共育マインドを大切にした組織づくりにとり組んでいます。

 看護部長 白畑 多加江 認定看護管理者

看護科理念

地域住民に信頼される心あたたかな看護を提供します。

看護科方針

  1. 専門職としての倫理観・知識・技術を磨き、看護の質の向上に取り組みます
  2. チーム医療を推進し、効果的な看護の提供を図ります
  3. 自ら学ぶともに育ち合う職場環境をつくります
  4. 社会の変化に柔軟に対応し、健全経営に看護の視点で参画します

教育方針

地域社会に貢献できる看護師の育成を目的として、小規模病院ならではの、個々のレベルにあわせた細やかな指導、支援にとり組みます。新人看護職員には、年間計画に基づいた臨床実践能力を獲得するための研修を企画実施し、主体性を引き出しながら成長を支援していきます。既卒中途採用職員には、すでに備えた実践能力を発揮し、部署への早期のコミット・成長を目指し、「不安」を「自信」「やりがい」につなげるための精神的・教育的支援を大切にしています。

部署紹介

5階病棟

5階病棟は52床を有する内科病棟です。患者さんの多くは高齢で複数の疾患を抱えているため、病状の変化は目まぐるしく、細かい観察や異常の早期発見が必要です。認知症を伴うことも多く、安全安心な療養環境の提供を第一に考えた看護に力を入れています。また様々な理由で退院がむずかしい患者さんが増えているため、早い段階から医療相談員と連携し退院支援にとり組んでいます。理学療法士と協働し廃用予防にも努めています。5階病棟のスタッフは明るく元気です。患者さんの視点に立ち、寄り添える看護をめざして日々努力しています。

3階病棟

3階病棟は外科系の混合病棟で主に外科、整形外科、婦人科、眼科の患者さんが入院しています。手術前後の急性期からリハビリ期、さらには終末期まで様々な患者さんの看護をしています。近年高齢の患者さんが増えていますが、生活の質を落とさないように、術後は積極的にリハビリを行い寝たきりにさせない看護に力を入れています。経験豊富なスタッフがあらゆる患者さんに寄り添いあたたかな看護を提供します。

2階病棟

2階病棟は産科単科の病棟です。スタッフの多くは子育て経験も豊富です。経験を生かしたあたたかな支援を心がけています。また分娩の介助だけでなく、アドバンス助産師を中心に助産師外来、ママの相談室(乳房ケア・育児相談)も担当しています。妊娠中から産後までの継続したケアを実践しています。母と子の命を預かる責任は重いですが、安全で安心できるケアを提供するとともに、すべての親子の幸せを願い精一杯お手伝いをさせていただいています。

外来

「外来は病院の顔」といえます。常に患者さんをあたたかく迎え、安心して医療を受けられようにお手伝いします。「人」を大切にする看護を心がけています。ご心配なこと、わからないことなどありましたら、気兼ねなくスタッフにお声かけ下さい。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市立病院庶務課
〒335-0001 埼玉県蕨市北町2丁目12番18号
電話:048-432-2277
市立病院へのお問い合わせは専用フォームへのリンク