日曜こども映画会

ページ番号1004848  更新日 令和4年7月5日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 文化・芸術

詳しくは下記をご覧ください。

開催日

令和4年7月24日(日曜日)

開催時間

午後2時30分 から 午後3時 まで

上映10分前に1階カウンター前にお集まりください!

開催場所

蕨市立図書館 3階会議室

対象

未就学児、小学生、中学生、親子

内容

『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』(第14話~第16話)を上映します。

第14話『ミイラムネ』
中学生の桜子(さくらこ)は、姉のためにホットケーキを作り部屋に届(とど)ける。近ごろの姉はダイエットに夢中(むちゅう)で、大好きだったホットケーキも食べようとしないからだ。しかし部屋に入ると、ミイラのように変わりはてた姉がたおれており、かたわらには『ミイラムネ』という瓶(びん)が転がっていた。瓶にあった番号へ電話をかけ、謎(なぞ)の女性に助けを求(もと)める。桜子は姉を助けることができるのか?

第15話『ヤマ缶詰とずるずるあげもち』
勉強は大きらいだがテストで100点を取りたい雄太(ゆうた)は、銭天堂(ぜにてんどう)で『ヤマ缶詰(かんづめ)』を買う。これを食べればテストに出る問題がピンとわかるという。ところがその帰り道、たたりめ堂に誘(さそ)いこまれ、店主のよどみに『ずるずるあげもち』をすすめられる。これを食べると、まったく勉強をしなくてもテストの点数を上げられるというのだ。その魅力(みりょく)にとりつかれた雄太は…。

第16話『ウルフまんじゅう』
小学生の洋介(ようすけ)は、同級生たちにいじめられても言い返すことができず、言いなりになっている。ヒーローのように強くなりたいと思っていたある日、銭天堂(ぜにてんどう)で『ウルフまんじゅう』を買って食べた。するとオオカミのように強い力がわいてきて、怖(こわ)いものがなくなった洋介は、今までいじめてきた相手を力でねじ伏(ふ)せてしまうのだが…

申し込み

予約不要です。10分前に1階カウンター前にお集まりください!

募集人数
40人

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育部図書館
〒335-0003 埼玉県蕨市南町1丁目12番1号
電話:048-444-4110
図書館へのお問い合わせは専用フォームへのリンク