笹山長麿美術館

ページ番号1003460  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

所在地:蕨市錦町3-3-23

写真:館内の様子
笹山長麿美術館

笹山長麿美術館は、洋画家、笹山長麿〔ささやま おさまろ 1900~1984〕の生誕100年を記念して、長女の笹山隆子氏によって平成12年(2000)11月に開館。
小さくても心温まる空間にしたいとの思いから、笹山長麿が生前に暮らしていた部屋を改築して、展示室にしています。

笹山長麿は、画学を志し、17才のときに長崎から単身上京。太平洋戦争により一時筆を置きましたが、戦後、弟の病死を機に再び絵を描き始め、毎日早朝から終電まで東京近辺を歩き、街並や、その街に暮らす人々を描き続けました。

「生涯 画学生」と自らを称し、最晩年まで創作意欲は衰えることなく作品を描き続けました。
展示作品は、3カ月ごとに展示替えが行なわれ、油彩・水彩・クロッキーなど笹山長麿の多彩な活動が理解できる内容となっています。

利用案内

開館日
月曜のみ(8月・12月は休館)
開館時間
午前11時~午後4時30分
入館料
無料
交通案内
JR京浜東北線蕨駅西口から、蕨市コミュニティーバス(ぷらっとわらび)「西ルート」社会福祉センター下車徒歩1分
電話
048-442-6130

〔※展覧会の詳しい内容等は、直接美術館までお問い合わせください〕

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育部歴史民俗資料館
〒335-0004 埼玉県蕨市中央5丁目17番22号
電話:048-432-2477
歴史民俗資料館へのお問い合わせは専用フォームへのリンク