蕨市新庁舎建設に係るこれまでの経緯

ページ番号1002855  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

現庁舎は昭和39年に建設され、老朽化等の課題のほか、耐震基準を満たしていないことから、大地震の際は庁舎機能が失われ、災害復旧活動等に大きな支障が予想されます。そのため、市は、耐震化整備方法について様々な検討を行い、新庁舎建設事業を実施しています。現在に至るまでの経緯は下表のとおりです。

年月 経緯
昭和39年5月 現庁舎竣工
平成8年2月 耐震診断実施
平成19年3月 「蕨市庁舎整備基金」を設置

平成19年5月~21年11月

「蕨市庁舎整備検討委員会」を設置し、現庁舎の課題や整備の在り方などを検討(全5回)
平成21年12月 SRF工法による「軸耐力等補強工事」の実施と「蕨市庁舎整備基金」の計画的な積立て等を行うべきとの「庁舎整備検討委員会報告書」をとりまとめる
平成24年1月 SRF工法による「軸耐力等補強工事」が完了
平成28年3月 「蕨市庁舎整備基金」の残高が約10億1,000万円に達する
平成28年6月 「蕨市庁舎耐震化整備の早急な実施を求める決議」が市議会で可決

平成28年6月~12月

「蕨市庁舎整備検討委員会」を開催し、庁舎整備の在り方に関する基本的な方針について、総合的に検討(全5回)
平成29年1月 実現性が高いと判断された5つの整備方法について比較検討した「庁舎整備検討報告書」をとりまとめる

平成29年5月~10月

「蕨市庁舎整備検討審議会」を開催し、庁舎整備の基本的な在り方について、検討及び審議(全5回)

平成29年7月~8月

18歳以上の市民3,000人を対象とした「蕨市役所庁舎耐震化整備方法に関する市民アンケート」を実施

平成29年11月~12月

蕨市庁舎耐震化整備基本方針(案)に関するパブリック・コメントを実施
平成29年12月 「耐震化は建替えにより行い、建設場所は現在地とする」蕨市庁舎耐震化整備基本方針を策定

平成30年5月~31年1月

蕨市新庁舎建設基本構想・基本計画審議会を開催し、新庁舎建設の基本的な考え方(基本理念)や新庁舎に求められる役割、機能、規模などについて、検討及び審議(全7回)
平成30年6月 18歳以上の市民3,000人を対象とした「蕨市新庁舎建設に関する市民アンケート」を実施

平成31年1月~2月

蕨市新庁舎建設基本構想・基本計画(案)に関するパブリック・コメントを実施
平成31年3月 蕨市新庁舎建設基本構想・基本計画を策定

今後の新庁舎整備の実施にあたっては、基本構想・基本計画の内容を十分に踏まえ、基本理念である「-歴史・文化を活かし『未来の蕨』を創造-人と環境にやさしく、市民に親しまれ、安全でコンパクトな庁舎」を目指して進めてまいります。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部庁舎建設室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-420-8866
庁舎建設室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク