蕨市小規模企業者応援金について

ページ番号1006033  更新日 令和2年6月1日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、厳しい経営環境に置かれている市内の小規模企業者を応援するため、対象となる企業(個人事業者を含む)に応援金を給付します。

給付額

定額給付
1企業あたり 10万円
家賃補助加算
1企業あたり 上限5万円
備考
いずれも口座振込となります。

給付条件

1. 蕨市内において令和2年5月1日時点で事業を行っている小規模企業者個人事業者を含む)で、今後も事業の継続を目指していること。(令和2年5月1日現在で、法人登記、開業届を提出している企業者)
 ※蕨市在住でも蕨市外で事業を行っている場合は対象外となります。 

小規模事業者の条件(中小企業基本法の定義による)
業種 従業員数
  • 卸売業
  • 小売業(小売店・飲食店)
  • サービス業(生活関連サービス・教育・医療・福祉等)

 

5人以下

  • その他(製造・運輸・建設等)
20人以下

2 新型コロナウイルスの影響により経営が悪化していること
 ⇒令和元年(法人の場合は前年度)の月平均収入と、令和2年2~4月の収入のうち最も低い月額を比較して、経営の悪化が認められること。
 ※令和2年に創業した企業者の場合は、創業後の収入で判断します。

3 家賃等(共益費や管理費等を含まない)が月額10万円を超える場合、超過分を5万円を上限として加算
 例 家賃12万円の場合 ⇒ 2万円給付 家賃18万円の場合 ⇒ 5万円給付
 ※対象となる物件は蕨市内のものとし、複数ある場合にはその合計額とします。

提出書類

 ・蕨市小規模企業者応援金申請書(下記添付書類からダウンロードできます)
 ※申請書は、市役所商工生活室や市内各公民館、及び蕨商工会議所の窓口等で配布します。(土曜日・日曜日・祝日及び平日夜間は市役所北側玄関宿直室でも受取可)

詳しくは、蕨市小規模企業者応援金概要チラシをご覧ください。

添付書類

個人事業主の場合

1.確定申告書類

青色申告
  • 2019年確定申告書第一表控の写し、所得税青色申告決算書(1~2ページ部分の写し)
白色申告
  • 2019年確定申告書第一表控の写し、収支内訳書(1~2ページ部分の写し)
    ※確定申告書類について、2019年のものがない場合は、2018年の確定申告書類を添付してください。

2.売上げの減少を証明する書類

  • 対象月の事業収入額が分かる売上台帳等
    (経理ソフト等から抽出したデータ、エクセル作成データ、手書きの売上帳のコピー等)

3.家賃補助対象の場合

  • 賃貸借契約書の写し

4.申請者名義の口座の通帳の写し

  • 銀行名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人が確認できるもの

法人の場合

1.確定申告書類

  • 前年度確定申告書第一表控の写し
  • 法人事業概況説明書の写し
    ※確定申告書類について、前年度のものがない場合は、前々年度の確定申告書類を添付してください。

2.売上げの減少を証明する書類

  • 対象月の事業収入額が分かる売上台帳等
    (経理ソフト等から抽出したデータ、エクセル作成データ、手書きの売上帳のコピー等)

3.家賃補助対象の場合

  • 賃貸借契約書の写し

4.申請者名義の口座の通帳の写し

  • 銀行名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人が確認できるもの

詳しくは、蕨市小規模企業者応援金概要チラシをご覧ください。

申請方法

感染拡大防止のため、申請は原則として郵送でお願いいたします。

申請書を郵送する際は、下記添付ファイルの申請用封筒をお使いください。
詳しくは下記添付ファイルをご覧ください。

申請期間

令和2年5月1日(金曜日) ~ 令和2年7月31日(金曜日)

申請から給付までの流れ

  1. 申請書に必要書類を添付のうえ、原則郵送で申請してください。(感染拡大防止のため)
  2. 提出いただいた申請書や、添付書類を確認し、給付条件に適合しているか審査を行います。(申請書等に不明な点等があった場合は、お電話で申請者に確認することがあります)
  3. 審査通過後、申請者宛に、支給される金額が記載された「蕨市小規模企業者応援金給付決定通知書」が届きます。
  4. 申請書に記載していただきました振込先口座に、支給額が振り込まれます。

※申請から給付までの期間は、概ね2週間を予定しております。

よくあるお問い合わせ

給付対象者

  • 蕨市外在住ですが、蕨市内で事業を行っています。給付の対象になりますか?
    ⇒蕨市内で事業を行っていることが条件なので、給付対象となります。営業許可証・賃貸契約書の写し等の蕨市内で事業を行っていることが分かる資料をご提出ください。
  • 蕨市内在住ですが、蕨市外で事業を行っています。給付の対象になりますか?
    ⇒蕨市内で事業を行っていることが条件なので、この場合は給付対象外となります。
  • 蕨市内でフリーランスとして活動していますが、給付の対象になりますか?
    ⇒フリーランスについては、事業性があるか否かで判断します。基準日(令和2年5月1日)時点においての開業届の提出の有無、確定申告書の収入が事業収入として申告されているか等で確認し、事業性が認められれば、給付対象となります。開業届や確定申告書類等の事業を行っていることが分かる資料をご提出ください。

申請に必要な書類

  • パソコン等がないので、申請書類等がダウンロードできません。どこで入手することができますか?
    ⇒市役所や市内各公民館、蕨商工会議所の窓口等で配布しています。また取りに来るのが困難な場合は、申請書一式を郵送でお送りしますので、ご希望の場合はご連絡下さい。※土日、祝日は発送できないので、翌開庁日の発送となります。
  • 収入の減少を証明する書類にはどのようなものが必要ですか?
    売上台帳や、エクセル等で作成した売上表、手書きの売上帳のコピー等といった対象月の事業収入が分かる資料が必要です。
  • 添付書類として確定申告書類がありますが、直近の事業年の確定申告がまだできていない場合はどうすればよいですか?
    ⇒新型コロナウイルス感染症の影響がないときの収入状態を確認したいので、一昨年(2018年)の確定申告書をご提出ください。その場合は、欄外かメモに「2019年の確定申告は終わっていない」旨をご記入ください。

家賃補助

  • 家賃補助の対象は何ですか?
    ⇒蕨市内で借りている店舗物件、駐車場、倉庫等が対象です。複数ある場合はその合計額が補助対象となり、賃借料が10万円を超える場合は、超過分を5万円を上限として支給します。賃貸借契約書の写しをご提出ください。
  • 自宅を事務所として使用しています。この場合、家賃補助の対象となりますか?
    ⇒家賃を按分して、事業所(仕事場)分のみ支給の対象(このうちの10万円を超えた分で上限5万円)となります。賃貸借契約書の写しで家賃の全額を、確定申告書類の「地代家賃」欄で按分後の額を確認します。賃貸借契約書の写し、確定申告書類をご提出ください。

詐欺や悪質商法にはご注意いただき、不明な点があればお問い合わせください

小規模企業者応援金に関して、市が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
また、市が給付のために手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部商工生活室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7750
商工生活室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク