埼玉県感染防止対策協力金のご案内

ページ番号1007065  更新日 令和3年10月1日

印刷大きな文字で印刷

埼玉県を含む19都道府県を対象とした緊急事態宣言について、令和3年9月30日をもって解除することを決定しました。そこで令和3年10月1日(金曜日)から令和3年10月24日(日曜日)まで段階的緩和措置等の実施をいたします。

休業している場合を除き、彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)による認証を受けることが支給要件となります。
詳しくは下記外部リンクをご覧ください。

埼玉県感染防止対策協力金第15期(10月1日~10月24日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

原則として、令和3年10月1日から10月24日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。

主な支給要件は下記のとおりとなります。

彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証店と非認証店で要件は異なります。

認証店
  1. 営業時間:午前5時から午後9時までに短縮(※通常午後9時から翌日午前5時まで営業していたこと)
  2. 酒類の提供:午前11時から午後8時まで
非認証店

1.営業時間:午前5時から午後8時までに短縮(※通常午後8時から翌日午前5時まで営業していたこと)

2.酒類の提供:午終日、提供を自粛(飲酒の機会を設けない)

その他の要件
  • 飲食を主として業としている店舗及び結婚式場においてカラオケ設備を提供している場合、当該カラオケ設備の使用を自粛すること。飲食を主として業としていない店舗においてカラオケ設備の提供を行う場合、利用者の密を避ける、換気の確保等、感染対策の徹底を要請すること。
  • 人数上限を4人以内又は同居家族(介助者を含む)のみのグループに限ること。結婚式場については同一テーブル4人以内とすること。
  • 埼玉県LINEコロナお知らせシステムのQRコードを店頭に掲示していること。
  • 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
  • 令和3年10月1日から令和3年10月24日までの間に営業停止等の行政処分を受けないこと。
  • 暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。等

埼玉県感染防止対策協力金(第15期)の早期給付について

埼玉県感染防止対策協力金(第15期:早期給付)の受付を10月1日(金曜日)から開始します。

早期支給の申請を行うためには以下の要件の全てを満たす必要があります。

  • 埼玉県感染防止対策協力金の支給要件を遵守すること
  • 過去に埼玉県感染防止対策協力金の受給実績があること
  • 営業時間の短縮や酒類提供制限の取組を店舗に掲示すること

※売上高減少額方式で申請する事業者(大企業等)は早期給付の対象外です。
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

詳しくは下記外部リンクをご覧ください。

埼玉県感染防止対策協力金第14期(9月1日~9月30日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

緊急事態宣言の期間が9月30日まで延長されたことに伴い、埼玉県感染防止対策協力金(第14期)の期間が令和3年9月30日まで延長されました。

原則として、令和3年9月1日から9月30日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。

主な支給要件は下記のとおりとなります。

営業時間
  1. 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等
    休業(酒類及びカラオケ設備の提供を取りやめる場合を除く。)
  2. 上記以外の飲食店等
    午前5時から午後8時まで(※通常時は午後8時以降まで営業をしていたこと。)
その他の要件
  • 従業員への検査勧奨、入場者が密にならないような整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置(併せて手指消毒の呼び掛け)、事業所の消毒、入場者へマスクの着用等の徹底、マスクの着用等に正当な理由なく応じない者の入場禁止(既に入場している者の退場も含む。)
  • 会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置(アクリル板等の設置又は座席間隔の確保、換気の徹底など)
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
    ※ガイドライン遵守の是非について、飲食店に対して実地で確認を行い、個別に要請を行うこともある。
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+による認証を受けていること(休業の場合を除く。)。
  • 長時間(90分超)の会食を避け、4人以下又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限るよう利用者に働き掛けを行うこと。
  • 埼玉県LINEコロナお知らせシステムのQRコードを店頭に掲示していること。
  • 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
  • 暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。等

埼玉県感染防止対策協力金(第14期)の早期給付について

受付終了しました。

埼玉県感染防止対策協力金(第14期)の期間が令和3年9月30日までに延長されました。早期給付分を含む埼玉県感染防止対策協力金(第14期)の給付を受けるためには県の要請に全面的に協力いただく必要があります。
上記の延長に伴い、早期給付の受付期間についても9月21日(火曜日)まで延長しました。

早期支給の申請を行うためには以下の要件の全てを満たす必要があります。

  • 埼玉県感染防止対策協力金の支給要件を遵守すること
  • 過去に埼玉県感染防止対策協力金の受給実績があること
  • 営業時間の短縮や酒類提供制限の取組を店舗に掲示すること

※売上高減少額方式で申請する事業者(大企業等)は早期給付の対象外です。
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

詳しくは下記外部リンクをご覧ください。

埼玉県感染防止対策協力金第13期(7月12日~8月31日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

原則として、令和3年7月12日から8月31日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。また、要請にご協力いただきましたことに対し、店舗名及び所在地を、県ホームページなどで広く周知させていただきます。

主な支給要件は下記のとおりとなります。

営業時間
  1. 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等
    休業(酒類及びカラオケ設備の提供を取りやめる場合を除く。)
  2. 上記以外の飲食店等
    午前5時から午後8時まで(※通常時は午後8時以降まで営業をしていたこと。)
その他の要件
  • 従業員への検査勧奨、入場者が密にならないような整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置(併せて手指消毒の呼び掛け)、事業所の消毒、入場者へマスクの着用等の徹底、マスクの着用等に正当な理由なく応じない者の入場禁止(既に入場している者の退場も含む。)
  • 会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置(アクリル板等の設置又は座席間隔の確保、換気の徹底など)
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
    ※ガイドライン遵守の是非について、飲食店に対して実地で確認を行い、個別に要請を行うこともある。
  • 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+による認証を受けていること(休業の場合を除く。)。
  • 長時間(90分超)の会食を避け、4人以下又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限るよう利用者に働き掛けを行うこと。
  • 埼玉県LINEコロナお知らせシステムのQRコードを店頭に掲示していること。
  • 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
  • 暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。等

緊急事態宣言措置発出前の支給要件は以下のとおりでした。

(1)
・原則として、令和3年7月12日から令和3年7月19日までの全ての期間において、
・午後9時から翌朝午前5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。 ※通常時は午後9時以降まで営業をしていたこと
・終日、酒類の提供を自粛する(飲酒の機会を設けない)こと。ただし、次の条件を満たす場合は午前11時から午後8時まで提供可。
 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)について県の認証を受けること
 4人以下、又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限ること

(2)
・ 原則として、令和3年7月20日から令和3年8月1日までの全ての期間において、
・午後8時から翌朝午前5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。 ※通常時は午後8時以降まで営業をしていたこと
・終日、酒類の提供を自粛する(飲酒の機会を設けない)こと。ただし、次の条件を満たす場合は午前11時から午後7時まで提供可。
 彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)について県の認証を受けること
 1人、又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限ること

(3)彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
(4)「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」による認証を受けていること。(休業していた場合を除く)
(5)「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。
(6)長時間(90分超)の会食を避け、4人以下又は同居家族(介助者を含む。)のみのグループに限るよう要請すること。
(7)飲食を主として業としている店舗では、カラオケ設備の使用を自粛していること。
(8)食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
(9)暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。

※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金(第13期)の早期給付について

受付終了しました。

埼玉県感染防止対策協力金(第13期:早期給付)の受付を7月19日(月曜日)から開始します。

早期支給の申請を行うためには以下の要件の全てを満たす必要があります。
・埼玉県感染防止対策協力金の支給要件を遵守すること
・過去に埼玉県感染防止対策協力金の受給実績があること
・営業時間の短縮や酒類提供制限の取組を店舗に掲示すること

※売上高減少額方式で申請する事業者(大企業等)は早期給付の対象外です。
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

詳しくは下記外部リンクをご覧ください。

埼玉県感染防止対策協力金第12期(6月21日~7月11日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

原則として、令和3年6月21日から7月11日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。

主な支給要件は以下のとおりとなります。
1.
(1)原則として、令和3年6月21日から令和3年7月11日までのすべての期間*において、要請に応じ、夜21時から翌朝5時までの間の営業を行わない(休業含む)こと。
*通常時は夜21時以降まで営業をしていたこと。
2.彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)による認証を受けている又は申請中の店舗で酒類も提供をする飲食店は、酒類の提供を4人以下もしくは同居家族(介助者を含む。)に限り、11時から夜20時までとしていること。
3.彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
4.彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証を受けていること。
5.「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。
6.食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
7.暴力団、暴力団員等の反社会勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
申請は、要請期間終了後の7月12日以降電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第11期(6月1日~6月20日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

原則として、令和3年6月1日から6月20日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。

主な支給要件は以下のとおりとなります。
1.
(1)原則として、令和3年6月1日から令和3年6月20日までのすべての期間*において、要請に応じ、夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わず(休業含む)、終日酒類の提供を自粛していること。
*通常時は夜20時以降まで営業をしていたこと。
2.彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
3.彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証を受けていること。
4.「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。
5.食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
6.暴力団、暴力団員等の反社会勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
申請は、要請期間終了後の6月21日以降電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第10期(5月12日~5月31日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

原則として、令和3年5月12日から5月31日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。

主な支給要件は以下のとおりとなります。
1.
(1)原則として、令和3年5月12日から令和3年5月31日までのすべての期間*において、要請に応じ、夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わず(休業含む)、終日酒類の提供を自粛していること。
*通常時は夜20時以降まで営業をしていたこと。
2.彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
3.彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証を受けていること。
4.「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。
5.食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
6.暴力団、暴力団員等の反社会勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
申請は、要請期間終了後の6月1日以降電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第9期(4月20日~5月11日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

まん延防止等重点措置期間の延長に伴い、第9期の要請期間を8日前倒しし、5月11日までとなりました。
変更前:4月20日~5月19日 変更後:4月20日~5月11日

蕨市を含む県内12市町は、まん延防止等重点措置区域となり、 原則として、令和3年4月20日から5月11日までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。

主な支給要件は以下のとおりとなります。
1.
(1)原則として、令和3年4月28日から令和3年5月11日までのすべての期間*において、要請に応じ、夜20時から翌朝5時までの間の営業を行わず(休業含む)、終日酒類の提供を自粛していること。
*通常時は夜20時以降まで営業をしていたこと。
 (2)原則として、令和3年4月20日から令和3年4月27日までのすべての期間*において、要請に応じ、夜21時から翌朝5時までの間の営業を行わず(休業含む)、酒類の提供を夜20時までとしていること。
*通常時は夜21時以降まで営業をしていたこと。
2.彩の国「新しい生活様式」安心宣言を遵守し、店頭に掲示していること。
3.彩の国「新しい生活様式」安心宣言飲食店+(プラス)の認証を受けていること。
4.「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」のQRコードを店頭に掲示していること。
5.食品衛生法に基づく飲食店営業許可または喫茶店営業許可、その他必要な許認可を受けていること。
6.暴力団、暴力団員等の反社会勢力に属する者及び代表者又は役員が暴力団員等となっている法人でないこと。また、暴力団員等が経営に事実上参画していないこと。

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
申請は郵送申請が5月12日から、電子申請は5月18日から受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第8期(4月1日~4月19日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

令和3年4月1日午前0時から4月19日午後12時までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、埼玉県から感染防止対策協力金が支給されます。(全期間協力した場合、1店舗あたり最大76万円支給)

※まん延防止等重点措置(4月20日~5月11日)の適用に伴い、第8期の要請期間が県内全域で4月19日までとなり、2日前倒しで終了となります。
(4月1日~4月21日までの21日間の要請(1店舗当たり最大84万円)が、4月1日~4月19日までの19日間の要請(1店舗当たり最大76万円)に変更になりました)

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
 申請は4月20日午前9時から電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第7期(3月22日~3月31日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

令和3年3月22日午前0時から3月31日午後12時までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた飲食店 (カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、埼玉県から感染防止対策協力金が支給されます。(全期間協力した場合、1店舗あたり最大40万円支給)

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
 申請は4月1日以降電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第6期(3月8日~3月21日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

 緊急事態宣言の延長を受けて、埼玉県では、国が定めた基本的対処方針に基づき、緊急事態措置等も延長となりました。

 それに伴い、埼玉県内すべての飲食店(カラオケ店、バー等を含む)が、埼玉県による営業時間短縮の要請(3月8日から3月21日)に協力し、一定の要件を満たした場合、埼玉県より「埼玉県感染防止対策協力金」が支給されます。(全期間協力した場合、1店舗あたり最大84万円支給)

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
 申請は3月22日以降電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第5期(2月8日~3月7日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

 緊急事態宣言の延長を受けて、埼玉県では、国が定めた基本的対処方針に基づき、緊急事態措置等も延長となりました。

 それに伴い、埼玉県内すべての飲食店(カラオケ店、バー等を含む)が、埼玉県による営業時間短縮の要請(2月8日から3月7日)に協力し、一定の要件を満たした場合、埼玉県より「埼玉県感染防止対策協力金」が支給されます。(全期間協力した場合、1店舗あたり最大168万円支給)

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
 申請は3月8日から電子申請にて受付開始予定
※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

埼玉県感染防止対策協力金第4期(1月12日~2月7日要請分)のご案内

蕨市内のすべての飲食店の皆様へ

 1月7日、埼玉県を含む首都圏の1都3県を対象に、新型インフルエンザ等対策等別措置法(以下「法」という。)に基づく緊急事態宣言を発令したことを受け、埼玉県では、国が定めた基本的対処方針に基づき、緊急事態措置等が実施されました。

 それに伴い、埼玉県内すべての飲食店(カラオケ店、バー等を含む)が、埼玉県による営業時間短縮の要請(1月12日から2月7日)に協力し、一定の要件を満たした場合、埼玉県より「埼玉県感染防止対策協力金」が支給されます。(全期間協力した場合、1店舗あたり162万円支給)

 詳細は、下記埼玉県ホームページをご覧ください。
 2月8日~3月26日まで電子申請において申請受付中
 ※申請先は、埼玉県であり、蕨市ではありませんのでご注意ください。

問い合わせ・申請窓口

お問い合わせは以下の窓口にお願いします。

埼玉県中小企業等支援相談窓口(埼玉県感染防止対策協力金 事務局)

電話:0570-000-678(平日 午前9時~午後9時、土日祝日 午前9時~午後6時)

協力金の不正受給は犯罪です

  • 申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、支給決定を取り消します。
  • この場合、受け取った協力金は返還していただきます。
  • 加えて、協力金と同額の違約金の支払いを求めることがあります。
  • 本協力金の支給に必要な場合は、対象店舗の営業時間短縮の取組に係る実施状況に関する検査又は報告を求めることがあります。
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です(例:詐欺罪 10年以下の懲役)。
  • 以下のような虚偽申請は絶対に行わないでください。
  1. 午後8時以降も客を滞在させて営業をしているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。
  2. 既に廃業しているにもかかわらず営業実態があるように見せかける。
  3. 飲食店等を運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

画像:協力金の不正受給は犯罪です

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部商工生活室
〒335-8501 埼玉県蕨市北町2丁目8番8号
仮設庁舎1階
電話:048-433-7750
商工生活室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク