新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方について

ページ番号1005814  更新日 令和2年3月24日

印刷大きな文字で印刷

まずは、納税相談を

新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難な方については、市役所2階13番窓口・納税推進室にて、納税相談を受け付けています。

なお、外出が困難な方については、電話連絡による納税相談も可能です。ただし、未納額等は個人情報保護の観点から、電話ではお伝えできません。未納額等の明細が必要な場合は、「未納明細書」等を市から郵送します。

「徴収の猶予」について

新型コロナウイルス感染症に納税者(ご家族を含む。)が、り患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして、以下のケースに該当する場合は、猶予制度がありますので、納税推進室にご相談ください。

(ケース1)災害により財産に相当な損失が生じた場合
 新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で、消毒作業が行われたことにより、
 備品や棚卸資産を廃棄した場合

(ケース2)ご本人又はご家族が病気にかかった場合
 納税者ご本人又は生計を同じにするご家族が病気にかかった場合

(ケース3)事業を廃止し、又は休止した場合
 納税者の方が営む事業について、やむを得ず休廃業した場合

(ケース4)事業に著しい損失を受けた場合
 納税者の方が営む事業について、利益の減少等により、著しい損失を受けた場合

「申請による換価の猶予」について

新型コロナウイルス感染症の影響により、地方税を一時に納付できない場合、申請による換価の猶予制度がありますので、納税推進室にご相談ください。

関連情報

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部納税推進室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7709・048-433-7744
納税推進室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク