新型コロナウイルス感染症の影響による徴収猶予の特例制度について

ページ番号1005814  更新日 令和2年5月13日

印刷大きな文字で印刷

まずは、納税相談を

新型コロナウイルス感染症の影響により、納税・納付が困難な方については、納税推進室にて納税・納付相談を受け付けています。

外出を控えるため、お手元に「納税通知書」又は「納付書」等をご用意いただき、下記問い合わせ先にお電話にてご連絡ください。
※未納額等は個人情報保護の観点から、電話ではお伝えできません。未納額等を知りたい場合は「未納明細書」等を市から郵送し、その後、改めて納税相談をすることになります。

徴収猶予の特例について

新型コロナウイルスの影響により収入の減少があった方は、1年間の徴収の猶予(延滞金がかかりません)を受けることができます(担保も不要)。

注)納付額が減少(無くなる)する制度ではありません。猶予期間とは、納付期間を1年間延長できる制度です。

対象となる方

次の(1)と(2)のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象になります。

(1)新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降について、収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

(2)一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

対象となる期間及び税目等

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までの納期限のもの
  • 固定資産税、軽自動車税、市県民税、国民健康保険税

注)納期限が過ぎているものについて、申請ができない場合があります

申請手続き

  • 申請を希望される方は、納付書が届きましたら納税推進室までご連絡ください。
  • 原則、申請できるものは納期限が来る前に申請が必要となります。ただし、令和2年6月30日までに申請いただければ、納期限が過ぎていても遡及して受付いたします。
  • 提出書類につきまして、必ず「徴収猶予申請書(蕨市用)」「納付能力確認書」「納付計画書」の3つの書類提出をお願いします。また、収入や現預金の状況がわかる資料を提出していただく場合がありますが、提出が難しい場合は口頭でうかがいます。

※申請に関しては、手続きがスムーズに進むよう、事前にお電話ください。
【お問い合わせ先:納税推進室(直通電話:048-433-7709、048-433-7744)】

関連情報

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部納税推進室
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7709・048-433-7744
納税推進室へのお問い合わせは専用フォームへのリンク