し尿収集・浄化槽の維持管理

ページ番号1001344  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

し尿収集について

し尿の汲み取りは、原則として、月2回の割合で行っています。
大雨での水入り等で、急に汲み取りが必要になった場合は、生活環境係までご連絡ください。

忘れていませんか し尿収集の廃止のご連絡

現在、し尿収集を登録されている家庭または事務所において、下水道通水、浄化槽設置、転出、長期入院などの理由で、し尿収集が不要となった場合は、安全安心推進課生活環境係までご連絡ください。
ご連絡がない場合は、し尿収集手数料の請求が続くことになりますのでご注意ください。
【連絡先】安全安心推進課生活環境係 電話:048-443-3706

浄化槽の維持管理

浄化槽は微生物の働きで汚水を処理して、きれいな水にして放流する、「生きている排水処理施設」です。この浄化槽の機能を充分発揮させるためには、正しい使用と維持管理が必要です。浄化槽の維持管理には保守点検、清掃と法定検査があり、法律で実施することが義務づけられています。

保守点検

浄化槽の点検、調整や修理のことです。浄化槽の処理方式や規模によって定められた回数を実施しなければなりません。
※県知事登録を受けた保守点検業者に依頼してください。
お問い合わせ先:中央環境管理事務所(電話:048-822-5199)

清掃

浄化槽内に生じた汚泥などの引き出しや調整、機器類の洗浄のことです。年1回以上実施しなければなりません。
※清掃は市長の許可を受けた、以下の許可業者に依頼してください。

蕨市浄化槽清掃業許可業者(平成30年度~31年度)
業者名 所在地 電話
蕨清掃運輸社 蕨市錦町1-16-10 048-441-9876
蕨環境整備センター 蕨市南町2-22-2 048-449-7725
加藤商事 さいたま市西区中釘2228-5 048-624-1611
淡路清掃社 戸田市下前1-4-5 048-441-5766

法定検査

保守点検や清掃とは別に行う浄化槽の機能診断のことです。

  1. 設置後の水質に関する検査(7条検査)
    設置された浄化槽が、適正に施行され、機能しているかを確認する検査です。浄化槽を使い始めてから3か月を経過した日から5か月間に行わなければなりません。
  2. 定期検査(11条検査)
    保守点検や清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているかを確認する検査です。毎年1回行わなければなりません。

※法定検査は指定検査機関に依頼してください。

指定検査機関(お問い合わせ先)

一般社団法人埼玉県環境検査研究協会
所在地:さいたま市大宮区上小町1450-11
電話:048-649-5151

浄化槽の使用を開始・廃止したときは

  • 浄化槽の使用を開始したとき
    浄化槽の使用を開始した日から30日以内に浄化槽使用開始報告書を3部、生活環境係まで提出してください。
  • 浄化槽の使用を廃止したとき
    浄化槽の使用を廃止した日から30日以内に浄化槽使用廃止届出書を3部、生活環境係まで提出してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部安全安心推進課生活環境係
〒335-0001 埼玉県蕨市北町5丁目13番23号
電話:048-443-3706
安全安心推進課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク