保育園等の登園・利用自粛の終了及び保育料減免について

ページ番号1005909  更新日 令和2年6月30日

印刷大きな文字で印刷

保育園等利用自粛要請期間の終了について

 市内保育園等における登園自粛要請期間につきましては、6月30日をもって終了いたします。
保護者の皆様には、長期間に渡り、登園自粛にご協力いただき誠にありがとうございました。
今後も各保育園等におきましては、衛生管理や換気等、感染防止対策を徹底し、保育を実施してまいりますので、引き続きご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

対象施設・事業

  • 公立保育園
  • 私立認可保育園
  • 小規模保育園
  • 認可外保育施設
  • 一時的保育事業
  • 病児保育室「にじのへや」

保育園の登園自粛期間の保育料の取り扱いについて

保育料の日割り計算による返金について

登園自粛要請期間(令和2年3月~6月)に、保育園の登園を自粛していただいた方の保育料につきましては、日割り計算をし、すでに納めていただいた保育料との差額を返金いたします。

対象児童
新型コロナウイルスの感染症拡大防止を図るため登園自粛している市内在住の児童
対象施設
公立保育園、私立認可保育園、地域型保育事業(小規模保育園等)、認定こども園
対象期間
令和2年3月2日~令和2年6月30日(登園自粛要請期間)
保育料の算定方法
各保育施設から登園自粛状況を報告していただき、欠席した日数に応じて日割り計算します。
 保護者の皆様からの申請は必要ありません。
返金方法
認可保育園については、後日、保育料引き落としの銀行口座へ還付(返金)します。
銀行口座をご登録いただいていない方には、「支払金口座振替依頼書」をお送りいたしますのでご返送ください。
小規模保育園については、園より直接返金します。
なお、日割り計算には相当の日数がかかることが予想されるため、返金が遅くなる場合がありますが、何卒ご了承くださるようお願いいたします。(目安としては、翌々月に返金)

育児休業延長の対応について

 令和2年4月に新規入園した児童のうち、育児休業取得中の保護者については、通常は入園月に育児休業を終了していただく必要がありますが、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う一時的な育児休業延長の場合、入園月を超えて育児休業を取得することを可能といたします。保育料につきましては、登園を開始した月から日割り計算(慣らし保育含む)といたします。
 ※育児休業延長期間は7月までとさせていただきます。7月中に職場復帰するようご準備ください(5月25日追記)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部児童福祉課保育係
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7758
児童福祉課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク