重度心身障害者医療費助成制度の改正について

ページ番号1001941  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

蕨市重度心身障害者医療費助成制度が変わります

蕨市では、重度心身障害者の福祉の増進を図るため、重度心身障害のある方を対象に、埼玉県の補助金を活用した医療費助成制度を実施しております。この度、埼玉県の重度心身障害者医療費助成制度の見直しに伴い、制度の安定的かつ継続的な維持及び負担の公平性の確保を目的として、真に経済的援助が必要な方のみを対象とするために、所得制限を導入します。

変更点

2019年(平成31年)1月1日から、重度心身障害者医療費助成制度に所得制限を導入します(ただし、現在受給中の方(2018年12月31日までに受給資格がある方)は、2022年10月1日から適用)。本人所得が一定額を超える場合は、医療費助成の対象外となります。

所得制限基準額

扶養親族 所得制限基準額 給与収入換算額
0人 3,604,000円 5,180,000円
1人 3,984,000円 5,656,000円
2人以上 1人につき38万円を加算  
  • 扶養親族1人につき38万円を加算します。
  • 当該扶養親族が、同一生計配偶者(70歳以上)又は老人扶養親族の場合は、さらに10万円を加算します。
  • 特定扶養親族(19歳以上23歳未満)又は控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満)の場合は、1人につきさらに25万円を加算します。
  • 所得制限基準額から各種控除があります。

注意事項

  • 2019年(平成31年)1月1日以降の受給資格登録者については、毎年所得審査を実施し、1年ごとに資格を自動更新します(毎年申請の必要はありません)。
  • 現在受給中の方(2018年12月31日までに受給資格がある方)は、2022年10月1日の更新時に申請書を提出いただき、その後は1年ごとに自動更新します。
  • 受給者証の有効期限は、これまでの最大5年間から1年間に更新します。
  • 本人所得が所得制限基準額以下の場合、受給者証を毎年10月1日に更新して発行します。
  • 本人所得が所得制限基準額を超えた場合、支給停止通知書を発行し、支給停止となります。

適用開始期

2019年(平成31年)1月1日から、新規申請者に適用
2022年10月1日から、現在受給中の方(2018年12月31日までに受給資格がある方)にも適用

重度心身障害者医療制度について

重度心身障害者医療制度の内容については、下記の関連情報から御覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部福祉総務課障害者福祉係
〒335-8501 埼玉県蕨市中央5丁目14番15号
電話:048-433-7754
福祉総務課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク