新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備えましょう

ページ番号1009174  更新日 令和4年11月28日

印刷大きな文字で印刷

発熱外来(診療・検査医療機関)等にかかりづらくなる場合に備え、ワクチン接種、新型コロナ抗原定性検査キット、解熱鎮痛剤などの事前の準備が重要です。また、感染状況や、一人ひとりの重症化リスク等に応じた外来受診・療養へのご協力をよろしくお願いします。

新型コロナ抗原検査キット等の事前購入促進について

みんなで予防インフルエンザ

埼玉県 新型コロナ関連の症状でお困りの方へ

 令和4年9月26日(月曜日)より、全国一律で、療養の考え方を転換し、全数届出の見直しを行うことになりました。
【療養のあり方】
 ・症状が軽いなど、自宅で速やかな療養開始を希望される方は、抗原定性検査キットでセルフチェックし、陽性の場合、「陽性者登録」していただく制度を設け、療養生活が支援されます。
 ・高齢や基礎疾患、子ども、妊婦等受診を希望する場合は、診療・検査医療機関を受診してください。また、50歳から64歳の軽症状または無症状の方は、重症化リスクがあるため、医療機関を受診の上で、陽性者登録が必要となります。

 新型コロナウイルス感染症の陽性者登録や有症状者への抗原検査キット無料配布事業、発熱外来、後遺症、埼玉県PCR検査等無料化事業など新型コロナ関連の症状でお困りの方への情報を埼玉県でまとめています。

 詳しくは、下記の埼玉県のホームページを御覧ください。

発熱症状等のある方の診療・検査体制

発熱症状等のない方(濃厚接触者を含む)の診療・検査体制

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保健センター
〒335-0001 埼玉県蕨市北町2丁目12番15号
電話:048-431-5590
保健センターへのお問い合わせは専用フォームへのリンク