新型コロナウイルスに関連した肺炎について

ページ番号1005452  更新日 令和2年2月17日

印刷大きな文字で印刷

国内発生状況

令和2(2020)年1月、神奈川県において中華人民共和国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎患者から新型コロナウイルスが検出されました。その後、国内において新型コロナウイルスに関する肺炎の発症事例が複数報告されています。

相談窓口が設置されました

埼玉県により当面の間、下記のとおり新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口が設置されました。

湖北省及び浙江省への渡航歴や患者との濃厚な接触をしたと考えられる県民の方で、発熱や呼吸器症状がある方は、医療機関を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。

 

医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者

下記の(1)及び(2)の要件を満たす方

(1)発熱(概ね37.5度以上)かつ呼吸器症状(せき等)のある方

(2)湖北省及び浙江省への渡航歴がある方又は「湖北省及び浙江省へ渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある人

相談窓口

1.平日昼間(8時30分~17時15分)

 南部保健所

 電話 048-262-6111

 所在地 川口市前川1-11-1

 

2.土曜・日曜昼間(8時30分~17時15分)

 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

 電話 048-830-3557

 

3.夜間(17時15分~8時30分)

 埼玉県救急電話相談

 電話 #7119

 ※ #7119は、新型コロナウイルスに限定した窓口ではありません。

 「医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者」に該当しない場合でも、24時間365日相談は可能です。

利用にあたっての注意事項

夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力昼間の時間帯での相談をお願いします。

市民の方へ

過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策をお願いいたします。

湖北省及び浙江省から帰国・入国される方は、咳や発熱等の症状がある場合にはマスクを着用するなどし、事前に医療機関へ連絡したうえで受診するようお願いします。受診の際に滞在歴があることを事前に申し出てください。

新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に渡航する際は、厚生労働省検疫所等の情報をご確認ください。

 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保健センター
〒335-0001 埼玉県蕨市北町2丁目12番15号
電話:048-431-5590
保健センターへのお問い合わせは専用フォームへのリンク