がん患者さんの生殖機能温存治療に対する助成制度

ページ番号1001854  更新日 令和1年11月23日

印刷大きな文字で印刷

埼玉県がん患者妊孕性温存治療費助成事業

小児、思春期・若年のがん患者さんに対して、がん治療に際して行う生殖機能(妊孕性 にんようせい)温存治療に必要な費用の一部を助成することにより、将来に希望を持ってがん治療に取り組んでいただけるよう支援する制度です。

詳細は埼玉県ホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保健センター
〒335-0001 埼玉県蕨市北町2丁目12番15号
電話:048-431-5590
保健センターへのお問い合わせは専用フォームへのリンク