トップページ > 各課・市内公共施設 > 市民会館 > イベント・講座 > 仏教家と画家が紐解く 暁斎が仏画に込めた想い

仏教家と画家が紐解く 暁斎が仏画に込めた想い

最終更新日:2019年4月3日

仏教家と画家が紐解く 暁斎が仏画に込めた想い

 20190503-1

とき 2019年5月3日(金・祝) 開場:13:00 開演:13:30

ところ 市民会館
費用

一般:1,000円
 河鍋暁斎記念美術館友の会会員:800円
 定員:700名
 *未就学児童の入場はご遠慮ください。

申し込み

下記へ直接または電話・メールでお申し込みいただくか、「チケットぴあ」でお求めいただけます。
窓ロ・郵送販売
・河鍋暁斎記念美術館 蕨市南町4-36-4 048-441-9780 kkkb@kyosai-museum.jp

窓口販売のみ
・蕨市民会館コンクレレホール 蕨市中央4-21-29 048-445-7660
・蕨市立文化ホールくるる 蕨市中央1-23-8 048-446-8311
・戸田文化会館 戸田市上戸田4-8-1 048-445-1311

 

備考

暁斎は、浮世絵師の歌川国芳に学んだ後、駿河台狩野家で修業し「洞郁陳之」の画号をいただいた狩野派絵師で、本格的な仏画も数多く描いています。本講演会では、暁斎が描いた仏画の中でも狩野芳崖の「悲母観音像」と比較される「観世音菩薩像」と、追悼絵である「地獄極楽めぐり図巻」等に込められた想いを、仏教家・画家の観点から掘り下げていただきます。

第一部
暁斎が描いた「観世音菩薩」
安村敏信・山口晃・若麻績敏隆
解説:河鍋楠美 協力:一ノ瀬修一

第二部
暁斎が描いた追悼絵part2 「地獄極楽めぐり図巻」等
司会:安村敏信 紹介:曽田めぐみ
講師:金岡秀郎・河鍋楠美・山口晃・若麻績敏隆
 *名五十音順、敬称略

関連ファイル

クリックするとダウンロードできます。

関連リンク

サイト内リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、蕨市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

このページへのお問い合わせ先

市民会館(指定管理者 蕨市施設管理公社)
郵便番号:335-0004
住所:蕨市中央4-21-29
電話:048-445-7660
E-mail:warabi-kosha@wcv.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。