トップページ > 各課・市内公共施設 > 健康福祉部 保健センター > お知らせ > 「脳脊髄液減少症」について

「脳脊髄液減少症」について

最終更新日:2015年3月9日

「脳脊髄液減少症」

 交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脳脊髄液が漏れ続け、減少することにより神経系の症状(激しい頭痛やめまい、吐き気、倦怠感などのさまざまな症状)を慢性的に引き起こす病気とされています。

 脳脊髄液減少症は、医療機関のみならず、教育の現場や一般社会での認知度が低く、病気のつらさに加え、周囲の理解が得られないなど、苦しい思いをされている人もいらっしゃいます。

 現時点では、診断・治療法が確立されておらず、専門家の間において医学的な解明が進められている段階です。そのため、診療を行うことができる医療機関に関する情報を得ることが困難な状況にあります。

 

 

関連リンク

サイト内リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、蕨市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。